ついに出産!女の子誕生(39w5d)

きっとこれが本陣痛(39w5d 1:00)

前駆陣痛で病院に行って帰宅した前科があるので、今回はどうだろう?痛みは前回よりもある。
念のため陣痛計測アプリを使ってみました。

前駆陣痛のときは10分間隔が空くこともありましたが、このときは違いました。
計測し始めは7~8分間隔、10分以上空くということはなくなりました。
その後5~6分間隔になり、本格的に痛い。呼吸がつらい。

間違ってもいいからとにかく電話しようと決めました。

▼前日のお話
前駆陣痛で病院へ!前日におしるしも(39w4d)

病院に電話(39w5d 4:30)

5~6分間隔の痛みがあります、と伝えたところ「すぐに来てください」と言われました。
寝ている夫を起こして、入院セットを持って病院へ。
病院への所要時間は車で10分程度、夜なのでスムーズです。
到着までの間、2回痛みの波があり「これはきっと本物の陣痛だろう」と確信を持ちました。

病院へ到着、すぐに内診(39w5d 5:00)

到着すると、痛みと痛みの間にササッと移動。
ナースステーションにつくと、すぐに内診でした。
診てもらうと「3センチですね」とのことで、ついに入院となりました。

診察台に座りながら、口頭での問診。
自分のこと、家族のこと、病気の有無、出産後のサポートはいるか(大きなお世話なんですが)など、途中で痛みに耐えながら回答しました。

ひとしきり終わったところで病室に移りました。

陣痛との戦いが始まる(39w5d 5:30)

病室に移り、レンタルのパジャマと産褥ショーツに着替え、夜用ナプキンも装着。
ベッドに横たわり痛みに耐えます。

ここから分娩室に移動する19:00まで、NST→自分で陣痛計測→内診(子宮口チェック)を繰り返しました。
1サイクル3時間くらい、3~4回行ったと思います。

朝食を出されたときは、パンくらいは食べようと思いチャレンジしてみました。
しかし口の中にものが入ったまま痛みが始まると、飲み込めないで苦しかったので、食べるのを中止。
昼食も出してもらえましたが、夫に食べてもらいました。
結局、自分で買ってきたウィダーinゼリーを1本飲むのが精一杯でした。

破水が起こる前の痛みは「いきみたくなる」ほどではありませんでした。
4秒吸って8秒吐くの呼吸法でなんとか痛みをしのぐ。

前日も前駆陣痛であまりよく眠れていなかったので、NST中は軽く眠っていました。
看護師さんは「眠ったほうが体力が回復できて、陣痛も進むから、積極的に寝ていいよ」と。
といっても、眠ると陣痛の間隔が少し空き、次の陣痛の痛みが増す、という謎の現象が起きました。
眠いけど、眠ると陣痛の痛みが増す。
とにかく耐えるしかありませんでした。

子宮口は2~3センチずつ、徐々に開いていきました。

破水からのいきみたくなる痛み(39w5d 11:30)

夫が昼食を食べに外出している間、破水しました。
水の入ったビニール袋がバチンと破裂するような感覚。
温かい液体がおしりの下に広がりました。
破水自体は痛くないけれど、そのあと陣痛が強くなりました。

陣痛が強くなるとどうなるのか。
痛みにプラスして「いきみたくなる」現象が追加されました。

おしりの穴から出したい衝動。
しかし看護師さんは「いきまないでください」と。「耐えろ」と。

これは拷問でした。

ビニール袋に入ったテニスボールを借り、夫におしりの穴を強く押してもらいました。

「そこじゃない!!」
「もっと強く押して!!」
「アアーーーーー!!」
「イダダダダーーーーー!!」

こんな叫んだこと、これまでありません。
この「いきみたくなる」現象を抑えるつらさは、うんちを物理的に(ボールを使って)ガマンさせる感じです。
うんちというか、肛門の裏側が飛び出してきそうな感覚
止められないのに無理やり止める。

陣痛の1分間、精神が崩壊しそうな、目の前が真っ白になりながら、気を失いかけながら、痛みが過ぎ去るのを待ちました。

<(参考)テニスボールの使い方>
痛みの感じ始めに、夫に「お願いします!」と声をかけて、肛門にテニスボールを強めに当ててもらう。
痛みが過ぎ去ったら「ありがとう(死んだ目)」と言って、力をゆるめてもらう。

夫はスマホゲームをしながら、テニスボールを当てたり陣痛計測アプリを操作してくれました。感謝…

分娩室に移動が決まる(39w5d 18:30)

痛みに耐えながら、子宮口は9cmまで開いてきました。
すると「19:00頃、分娩室に移動します」と言われ「ついに…」と希望を感じました。

この3時間前、他の看護師さんが「日がとっぷり暮れた頃には産まれると思いますよ」と言われました。
それを聞いて夫は「日がとっぷり暮れた頃って、夜中かな……」と言っていました。
わたしもカーテンから漏れる午後の日差しを見て「まだこの拷問は続くのか……」と気が遠くなりました。

痛すぎて「この出産やめます!」と言いたくなったけれど、やめることはできないんだよな~なんてことも考えたり。

といっても終わりが見えてきて、「1分でも早く分娩室に連れて行ってくれ!」と心で叫びました。

分娩室へ移動(39w5d 19:00)

「もう、いきんだほうがよさそうだから」ということで、夜中より早めに分娩室へ移動できたみたいです。
痛みと痛みの間に移動するため、車椅子で移動。
必死の思いで分娩台に登りました。

実は隣で先にお産があり、スタッフはそちらを終わらせてから来る、と。
それまでいきんではいけないということで、夫は握りこぶしでわたしのおしりを押してくれました。

(夫は立ち会い希望ともなんとも言ってませんでしたが、流れでそのまま来ました。)

隣の人のお産が終わり、スタッフが2名と医師が1名来ました。

ついに産まれる(39w5d 19:30)

「いきんでいいですよー」とついに指示が。

しかしいきむの難しい。
陣痛の一番ピークに痛いときに声を出さずに力を入れる。
「声を出さずに」というのが難しい。
「イダダダダ」と何回か言ってしまい、「声を出すと力が逃げるからもったいない!」と怒られました。

5回くらいいきんで、「会陰切開しますよ」と股をチョキチョキ切られる。
この痛さは、痛いけど陣痛ほどではない。

そして看護師の1人はおなかを押す係と指示され、再度いきみました。

足元に看護師さん1人と先生、おなかにもう1人の看護師さん、わたしの頭が動かないように夫が押さえて。

「いきんでーーー」と言われ、精一杯いきみながら、おなかを押され、赤ちゃんはズルーーーっと引き出されました。

「はあ、なんか終わったのかな」とクラクラしながら思いました。

赤ちゃんと対面

このあたりは記憶が定かではありません。
生まれたてのベトベトの赤ちゃんをおなかの上に差し出され、「抱いてください」と言われた気がします。
夫も手を伸ばしていて、どっちが持てばいいのかソワソワしながら「落ちちゃいますよ」と看護師さんに怒られました。

ちっちゃいこの子がおなかにいて、10ヶ月もボコボコやってきてたのか。
こんにちは、はじめまして、とか言ったような。

初乳を与えるために、看護師さんに乳首を見せると「マッサージやってなかったでしょう」と怒られました。
ギュッギュッとつままれ、なんとか出ましたが、1点血が出るところが。
でも初乳は初乳なので、赤ちゃんに舐めさせました。

分娩室で待機&会陰切開の傷を縫う

産まれてから2時間は分娩室で待機で、ずっと横になっていました。
会陰切開の傷を先生が縫い始め、耐えられないほどではないけど若干痛いチクチクを感じながら、「終わったんだ」と。
(痛いです、と言ったら、「麻酔が効きにくい場所だからね」とのこと。)
この間に、夫にコンビニで食料を買ってきてもらうなどして、わたしはひたすらボーッと待ちました。

水分を取ってと言われて500mlのDAKARAを飲み干すと、トイレに行きたくなって看護師さんに声をかけました。
しかし、トイレに行っても出ない、というより出し方がわからない。感覚がない。
「出ません」ということで導尿してもらうことに。
看護師さんいわく「たくさん溜まりすぎて出なかったみたい」とのことでした。

そしてピカピカになった赤ちゃんが運ばれてきて、分娩台の隣においてもらいました。
クークー寝ていて、静かな赤ちゃん。
隣の分娩室からは大きな泣き声が聞こえてきます。

夫が戻り、一緒に赤ちゃんを見て「寝てるね」とスマホで写真を撮っていました。

長い1日が終わる(39w5d 10:30)

痛いおなかと股、動かなくなってしまった体で「とにかく動いて!」と車椅子に乗り、移動しました。
イスに座ると激痛が走るため、ベッドに横になって夫が買ってきてくれたおにぎりを食べると、やっとホッと一息。
1個食べたところで夫は帰宅し、わたしも寝ることにしました。
股の痛さと、終わったという気持ちで眠りにつきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です