【つわり / 妊娠16週(最終回)】食べ過ぎるとダメだけど

今、これを書いている22週に比べると、やっぱり16週はまだまだ体調は不安定だった。
食べ物に対する嫌悪感も続いているし、口の中も気持ち悪い。

食べたくなくても、ちゃんとおなかが空く

典型的なつわりの症状ってやつです。

でも母親教室で話をした6名の女性の中で、炊けたごはんのにおいがつらい、と言った人は1名。
つわりを感じた人自体少なかったという、この人数には驚きました。

 

不思議とおなかは空く、本当に不思議。なのに食べたいものがない。

 

仕事はできるようになったけれど、明日も調子がいいとは限らない。
不安な中、仕事を進めていました。
仕事をしなきゃいけない責任と、自分の体を守る(というかできないときはできないと認める)というののバランスが難しいと痛感しました。

「風邪でも絶対休めない」人のための風邪薬が出るのもわかる。
だって、仕事を放棄するのは嫌だ。

でも、この時期は自分に正直に生きていた。
多分こんなこと初めてだと思う。
そして、これからも正直に生きられるようにしたいと思った。

肉がダメ

肉のにおいがダイレクトに来るような、味の薄い肉、特に塊になってるものが日によってダメでした。
わたしの味付けがイマイチというのもあるのですが…

肉じゃがをコマ肉で作るとおいしく食べられる。

便秘由来の腰痛

妊娠前からよくあったパターンで、便秘になると腰や背中がなんとなく不快な感じになります。
激痛ではないのですが、ボンヤリした痛みのような。
イスに座っているのも長時間だと疲れます。

そんな調子でない中、オロナミンCを飲んだら調子良くなった日があって、オロナミンCの効果をナメてました。

ついにステーキを食べる

旦那は肉が好きなので、常日頃ステーキが食べたいと言っていました。
わたしはずっと断っていたのですが、この日は食べられそうと判断。ついに行きました!
食べたのはハンバーグでしたが…おいしく食べられました。

食べ過ぎるとダメ

なに食べたんだろうと思い出すと、ピザ専門店でサラダビュッフェのあるところでランチをしました。
ラザニアを1つ頼んで、ピザとサラダビュッフェは食べ放題。
サラダビュッフェと言っても、1種類パスタも置いてあり、デザートも3種類から選べる。

久しぶりにすごくおいしいものを食べた!という気持ちになったのを覚えています。

食べ過ぎるとおなかを下してしまうのですが、まさにそうなってしまい、「うわー赤ちゃん、ごめんね」とトイレで声を出して言いました。

 

そして、食べ過ぎた結果が体調不良。
これは妊娠のせいじゃないかもしれませんね。

欲張らないようにする

この食べ過ぎによる体調不良もあり、体力が衰えていることを感じます。
妊娠によるものと加齢によるものでしょう。

これまでは「仕事も!家事も!育児だって!」みたいなキラキラを目指していた部分がありました。
でも、無理なんです。

「あ、なんか、今日これできない」と感じたら、手放す。
優先順位低いものからやらない。

わたしはフローリング掃除を結構諦めています。
あと外出時のお化粧も。(これは元々か)
プライベートの予定は入れない。

外出はめんどうなので料理は作る。
洗濯はする。
受けた仕事はやる。仕事の連絡はする。(お金は欲しい)
寝たいと思ったら、たっぷり寝る。

荷物は持ちすぎない。あきらめる。よくばらない。そして、眠りたいときに眠る。

その後つわりはダラダラと続く

つわりの症状がいい日と悪い日は続くものの、徐々に快方に向かっていきました。

結局は18週くらいにはだいぶいい感じになり、余裕が出てきました。
終わりは来るんだな、としみじみ思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です