【妊婦健診1回目 / 10w0d】血液検査と体重管理

母子手帳と受診票を持って、いざ、妊婦健診1回目です。
この日は淡々と進み、終わりました。
まだこの時期はつわりで気分も悪く、心も体もフワフワしてました。

①尿検査と血圧を測る

受付で母子手帳と受診票を渡すと、尿検査と血圧を測るように指示されます。
この日、うっかりトイレに行ってから病院にきてしまい「尿検査取れるかな??」とハラハラしました。
少しでも多く出るようにがんばって、なんとか提出。

血圧は機械で自動で測ります。

②診察

15分ほど待って、診察室に呼ばれました。
まずは内診、そして子宮がん検診のために「ちょっと痛いよ~」ということをされました。
赤ちゃんも順調に成長している、という言葉にホッと胸をなでおろしました。

この病院は診察台の横にモニタはついていないので、自分で動きを確認できません。
「本当に元気なのか?」と疑心暗鬼にはなりますが・・・

写真をもらって、先生の診察は終了です。

③血液検査

赤ちゃんが無事に動いていることを確認し、別室で血液検査(採取)しました。
4本分の血液が抜かれ「採血したならなんかおいしいもの食べたいけど、食べたくないな」と思いました。

この血液は、以下の検査に使われたようです。

・血液型
・不規則抗体
・梅毒血清反応
・HBs抗原
・HCV抗体
・HIV抗体
・風しんウイルス抗体

次の健診で結果を教えてもらえます(結果は全て正常でした。)

④体重管理について

体重計に乗り、現在の体重を測りました。
前回、問診票に自己申告で「49kg」と記入。

この日は、48.3kg。

看護師さんに、
「つわりだから痩せたのね」
「ここから毎月1kgずつ、増やしていけるようにしましょう!」
と、体重増の目安を教えてもらい、この日は終了となりました。

1kgなんて、誤差じゃないか、と思いましたが、
毎月1kg増やせば、10ヶ月後には確実に10kg増えていくのか、と感じました。
(私は今の体重より大幅に増えたことがないので、+10kgは未知の世界です。)

④母親教室の予約をとる

受付で母親教室の予約をとるように勧められました。(ほぼ強制)
2階にある受付で、助産師さんと思われる方から説明を受けました。

(お昼時だからか、料理のにおいが漂っていて、ちょっとつらい)

・全3回の教室です。(~5ヶ月、7ヶ月、8~9ヶ月)
・お父さんといっしょに来てもいいです。
・開催日は月に2回決まっています。

先の予定なんてわからないな、と思い、それぞれ一番早い日程を選んで予約しました。
1回めと2回目は平日なので、旦那は来られない。(わざわざ休まないだろう)
3回目は土曜日なので、もしかしたら、来るかな。

(結局、夫は参加しませんでした)

これで今日の妊婦健診は終わり。
受付で母親教室のテキスト代を支払い、帰宅しました。

支払った金額

2,100円(テキスト代)
※妊婦健診第1回目の助成限度額は20,460円

妊婦健診にお金を支払わなかった

今回の妊婦健診は助成金額でまかなえました。
ほかの自治体の妊婦さんの話を聞くと、限度額を越えてしまった~という声もあります。

▼市町村によって助成金額は違う
妊婦健診の助成金・補助金額って市町村で違う!都道府県の平均を紹介

ラッキーではあるけれど、
街が裕福なのは、働いて業績を出して税金をガンガン払えている会社が多いだけで、
こういうときに、旦那も含めて、働いている人には多大なる感謝~と思います。
(旦那は違う市にある会社で働いていますが・・・誰かの助けになってればいい。)

▼次の妊婦健診
【妊婦健診2回目 / 14w0d】乳首マッサージ

▼前回の妊婦健診
【妊婦健診0回目 / 8w0d】地元の産婦人科へ行く

▼これまでの体重などまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です