子どもに性や出産を説明する心構えができる本・3選

性教育ジェンダー本3選

子どもに「プリキュアは女の子向けのアニメなの?」といった質問をされたことはありませんか?

実際に女児向けに企画されているので女の子向けといえます。

でも、男の子がプリキュアが好き、と言ったときにどうしたらいいか少し悩んでしまいそうです。

 

妊娠や子どもが生まれることについての質問も、ドキッとしますよね。

わが家は3歳になってなぜか「私のおなかに赤ちゃんがいるの」と言ってドギマギさせられました。

 

性や妊娠・出産についての質問って、いつ来るかわかりません。

でもいつの日かきちんと説明しなければならない日が来ます。

そんなときにおすすめの本を3冊紹介します。

ポイント

どれも小学生前後から読むことができるので、実際に親が読んで理解を深めて、将来子どものプレゼントするのもおすすめです。

もちろん疲れ果てて本を読む暇がない親世代にもピッタリです。

1冊目『ようこそ!あかちゃん せかいじゅうの家族のはじまりのおはなし』

ようそそ!あかちゃん

レイチェル グリーナー(著/文)クレア オーウェン(イラスト)
艮 香織(翻訳) 浦野 匡子(翻訳)
発行:大月書店
縦276mm 横236mm 厚さ9mm 32ページ
定価 2,200円+税
初版年月日 2021年1月15日

この本には感銘を受けました。
対象年齢5~7歳、イギリスの本です。

男女の性の違い、赤ちゃんがどうやってできるのか(性交)、妊娠出産までが淡々と書かれています。

ペニスがあるおとなと、膣(ワギナ)があるおとなが性交すると、あかちゃんをつくることができる。

まず、ふたりのおとなが性交によってあかちゃんをつくることに同意する。(同意というのは~(中略))

それからふたりはキスをしたり、ペニスがかたくなるまでよりそったりする。

専門家が事実に基づいて、丁寧に、落ち着いて説明しているような光景が広がります。

個人的には、こんなに穏やかにセックスについて語られたのを見たことがなくて感動を覚えました。

しかも挿絵はとても温かみのある優しさを感じます。しかもいろんな家族のかたちがあることは、この表紙からも伝わりますよね。

最後に訳者・解説の言葉があり、例えば精子・卵子の出会いを擬人化したりふんわりと表現することが別のメッセージを伝えてしまわないか?という言葉にハッとさせられました。

ファンタジックに書かれる(キャベツから生まれた的な)ことで隠されてしまうこと、
「愛」のような言葉でうやむやになってしまうこと。

この本には一切なくて、読後感はスッキリしています。

不妊治療、帝王切開、流産・死産にも触れられている点もすばらしいです。

「私はこのパターンで妊娠出産に至ったんだよ」と子どもにすんなり説明できると思います。

2冊目『女の子だから、男の子だからをなくす本』

女の子だから、男の子だからをなくす本

ユン・ウンジュ(著)イ・へジョン(絵)ソ・ハンソル(監修)
すんみ(訳)
発行:エトセトラブックス
B5判 縦257mm 横182mm 厚さ12mm 60ページ
価格 2,000円+税
初版年月日 2021年3月30日

この本を開いたとき、感情が爆発してる!!と感じました。

韓国で小学生向けに書かれロングセラーとなったこの本。

まずイラストの破壊力。表紙を見たときに気づかなかったのですが、かなり個性的で気持ちを刺激するイラストです。

著者達のこれまで感じてきた男女のモヤモヤ感が一気に爆発しています。イラストを見るだけで伝わってきます!!

女性と男性のいちばんのちがいは、体だと思ってる人もいる。体のつくりがちがうから、いろんなちがいが生まれるんだって。たしかに、女性と男性の体はちがう。生殖器(生殖活動にかんけいする体の器官)の形もちがうし、むねの形や大きさもちがう。では、実際にどれほどちがうものか、いっしょに見てみようか。

体に関する話の序文から、

男は女より筋肉が多いって?それがどうした?

いまは、力がより強いから外ではたらき、力が強くないから屋内で仕事する世の中じゃないんだよ。
もしそうなら屋内での事務の仕事は、ぜんぶ女性がやるべきだろう。
いまは筋肉の力だけではたらくひつようもない。いろんなどうぐやきかいの力をかりることができるから。
男は筋肉が多いから、という話はもうやめにしよう!

日本語訳もなかなか煽るスタイルで、見ていて爽快です。逆に男性が読むとどうなんだろう?と思いますが、ムッと感じたとしたら、そういうところが問題なのでしょう。

「男の子たちへ」という項目では、
「好きに泣いていい自由」「どうどうと負けてもいい自由」「立派な人にならなくてもいい自由」「こわいと言ってもいい自由」が説明されています。

これまでの強くあるべき男性像を壊せるのかな、と思うと男の子にも読んでほしいとワクワクしました。

3冊目『こどもジェンダー』

こどもジェンダー書影

シオリーヌ(著/文)
発行:ワニブックス
A5判 160ページ
定価 1,400円+税
初版年月日 2021年4月

最後に日本の助産師さんであり、性教育YouTuberとして活躍するシオリーヌさんという方の本を紹介します。
全ページひらがなで書かれた本で、小学生が1人でも読めるのが魅力です。

Q&A形式で疑問→回答が端的に書かれているので読みやすい本です。
先ほど紹介した『女の子だから、男の子だからをなくす本』は、結構書き込まれていて混沌とした印象があります(個人的には好きです)。

もっとスッキリ読みたい方にはこちらがおすすめです。

ジェンダーがわかりやすい言葉でかかれている

「ジェンダー」とはしゃかいのなかでつくられた、「せいべつ」のこと

「オトコらしく」「オンナらしく」ときめつけてかんがえるのは くるしいなと かんじるひとも たくさんいて、すこしずつ「じぶんらしく」いることを たいせつにしようという おもいが ひろがってきているんだ

説明を読むと「なるほどな~」という感じになります。

オリンピックもあり、いろいろな事案もあり、ジェンダーに関する話題や問題はこれからも続きます。

自分が生きやすくなるため、子どもも生きやすくするため。

今回紹介した3冊は子ども向けでありながら、大人もフムフム読み進められます。

なかなか説明しにくいテーマを大胆に取り扱っているので、どの本もぜひおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です