おうち性教育はじめます|大人の学び直し、2歳頃から子どもに教えてもOK

性についてどうやって伝えよう?

子どもが大きくなると、親は悩みますよね。

わが子もまだ2歳ですが、お風呂のときなどに考えてしまいます。

始めて読んだ性教育の本でしたが、私の世代では教えてもらえなかったことがとても簡単な言葉で書いてあります。

オススメ記事
  • シンプルなマンガでサクサク読める
  • 性についてのモヤモヤがスッキリする
  • 射精は不潔ではない理由がわかる

「おうち性教育はじめます」とは?

おうち性教育はじめます03

書名:おうち性教育はじめます 一番やさしい!防犯・SEX・命の伝え方
出版:KADOKAWA
著者:フクチ マミ/村瀬 幸浩
ページ数:200ページ
価格:1,430円
発売日:2020/3/3

2021年5月のAmazon「保健体育」カテゴリー1位のベストセラー本です。

昨年くらいから性教育の本が多く出版されていて、そのうちの人気の本がこちら。

人気の理由は読んでみるとわかりますが、マンガが多いく読みやすい!そして多くの親がモヤモヤしている気持ちを代弁する著者と周囲の方々。

necco

悩んでるのは自分だけでなく、先輩ママもいっしょなんだなあ、と共感できる本です

ポイント①シンプルなマンガでサクサク読める

おうち性教育はじめます

おうち性教育はじめます02

参考:Amazon おうち性教育はじめます

 

育児中は文字を追えないほど頭が疲れていることが多々あります。

necco

それでもインプットしたい!

そんなときはマンガの力を借りましょう。

最近は軽いタッチのマンガで、重要なことを描いてくれる本が多くて本当に助かります。

プライベートゾーンは「口、胸、性器、おしり」と文字で言われてもスッと頭に入らないときも、図で見ると「ああ~そうだよね!」としっくり来ることが。

ちなみにこの本の主人公は著者のフクチ マミさん、
性教育の先生(ウサギ)として登場するのは学校の保健体育の先生をしていた村瀬幸浩先生です。

ポイント②性についてのモヤモヤがスッキリする

アラフォーの私世代は、残念ながらAVで性について知ったという人も多いでしょう。

この本にはそのことについて以下のように書かれています。

日本では世界のポルノの約6割が作られていて、性産業先進国と呼ばれているんだ

(性交について知識を得るのは)AVやインターネットのアダルトサイト
そういったポルノ動画は男性の興奮をかきたてる目的で作られている
「妄想」であり「ファンタジー」

だから支配や暴力によって従わせるような表現が多い
つまり子ども向けに作られたものではないんだ

(現実とフィクションを区別できる大人のためのもの)

これによってはぐくまれるのは「歪んだ人間感」なんだ

私が子供の頃はインターネットもそこまで普及していませんでしたが、今は簡単にAVのような表現を見ることができてしまいます。

この言葉を読むと、自分の子どもの世代はなんとかしなきゃという気持ちに。

necco

インターネットが無法地帯になっているのを先にどうにかしたいけど難しいので、まずは家庭から教育するのがマスト、という気持ちになります

ポイント③射精は不潔ではない理由がわかる

射精、というものがそもそも女性にとってはどんなものかイマイチわかりません。

この本では射精の仕組みなどが説明されています。

わが子がもしも知ることになったら、傷つけず汚いと感じさせず、生理現象として伝えないといけない。射精が汚いと感じることで性行為や人に対しての考えが歪むためです。

そもそも射精が汚いと感じる原因は3つあるそうです。

  • 原因1:白っぽくてネバネバしているから
  • 原因2:おしっこと出口が同じだから
  • 原因3:快感を覚えるから
月経も長らく汚いものとして言われていて、実際自分も汚いというか「汚れ」という気持ちはありますが、そのネガティブな感情が自分の否定にもつながるわけです。

逆に射精や月経を肯定的にとらえることで自己肯定感をアップできる、大切なこととのことです。

感想

「おうち性教育はじめます」を読んで、自分が学んだ保健体育の性教育部分の中途半端さ、AVが教科書になっていることの恐ろしさを感じました。

子どもには適切な性教育を伝えたいなと思いつつ、なかなか自信は持てません。

でもこの本の先輩ママたちも自分と同じようにモヤモヤ不安を感じながら子どもに接しています。勇気をもらいつつ、私も同じようにドキドキしながら子どもに伝えていきたいなと思います。

いちばん大切なのは「親はどんなときも子どもの絶対的な味方」であること。

自分の子どもの疑問に立ち向かえるようにしたいと思います。

necco

うまく説明できないかもしれないけど(この本では言う練習してたりして、やっぱり私もやろうかな)
  • 愛情・親密表現の最高峰=セックスではない
  • 性行為の3つの種類は「生殖・快楽・支配」
  • お世話や看護以外でプライベートパーツを触ったり見たりふざけたりするのはよくない(かわいいおしりちゃん、さわっちゃうぞ~みたいなのもNG)

この言葉も心に残りました。

特に子どものかわいいおしり~!といってつい触ってしまいたくなりますが、プライベートパーツを勝手にさわっていいと教えてしまうことになりかねない。

コミュニケーション…と思ってしまいますが、確かに!という気持ちもあります。

子どもの性教育はもちろん、親である自分が若いころ学べなかったことを学ぶいいチャンスをくれる本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です