ネネちゃんとお風呂|水抜きのケアしました

ネネちゃん人形お風呂水抜き

メルちゃんの妹・ネネちゃんを買ったわが家。

おふろに入れるネネちゃんは
わが子がおふろを嫌がるときの救世主となりました。

魔法の声掛け「ネネちゃんもお風呂に入るよ!」

そう声をかけると
わりとスムーズに脱衣所に向かいます。

わが家は夏場はシャワーだけで済ませることが多く、
ネネちゃんもシャワーだけ。

しかし

ついに

ネネちゃんのお風呂デビュー。

わが子はシャワーより湯船につかるのが好きなので
シャワーを嫌がったとき
「お風呂をためるよ」
と言ったら快諾。

でもわたしは少し不安になりました。

ネネちゃんをお風呂に入れるのか。

ネネちゃんはボディ内に水がたまる

メルちゃんのHPには
お風呂で遊んだときのケア方法がのっています。

とくに気になったのが
ボディの水抜き。

ネネちゃん人形お風呂水抜き

ネネちゃん人形お風呂水抜き02

参考:メルちゃん よくあるしつもん

メルちゃん・ネネちゃんにはおしりに水抜き穴がある

ネネちゃん人形お風呂水抜き02

この穴からお水が出るようです。

頭の中に水が入ったら頭部をはずして水抜き

あたまなんて外していいのかな?

と思いましたが、

ちょっと力を入れるとはずせました。

ネネちゃん人形お風呂水抜き02

ネネちゃん人形お風呂水抜き02

ネネちゃん人形お風呂水抜き02

首の部分にも穴がありました。

あと注目すべきは頭部。

目は内側からカバーされていました。

なので中から目の部分に入った水をとることはできません

実際にお風呂に入れたあと、
ネネちゃんになにが起こったか。

次に説明します。

ネネちゃんとお風呂に入る【体験談】

ネネちゃんとお風呂に入ることになり
大喜びのわが子。

さっそくお風呂に体をつけていました。

でも
湯船に入る前にまずシャワー。

わが子は自分が体を洗ったあと
「ネネちゃんも!」
といって泡で洗います。

髪の毛もからだも。

シャワーでスッキリさせると子どもも満足。

シャワーはネネちゃんの目に水が入る

シャワーだけなら
ボディにほとんど水は入らないようです。

ですが
目には水が入ってしまいます。

ネネちゃん人形お風呂水抜き

水が入ったままだと
目が開かなくなったり
ウインクした状態になります。

ふったり
下を向けると

涙を流すように水が流れるのでタオルでぬぐいます。

水が出でこなくなったらOKです。

が、
濡らしたことをきっかけに
ネネちゃんの目の動きが悪くなったのも事実です。

これからがちょっと心配。

お風呂に入れるとどうなるか?

そこで次にお風呂。

湯船に入りました。

わが子はネネちゃんを浮かばせたと思ったら、
潜水させる。

ハラハラと
ブロンドに変わったネネちゃんのヘアスタイルを見つめました。

5分ほどのお風呂タイム。

ネネちゃんはずっしりと重くなりました。

ネネちゃんの体重が200g増える

ずっしりと重くなったネネちゃん。

それは大人のわたしでも違いを感じました。

ネネちゃんお風呂直後 454g

ネネちゃん人形お風呂水抜き

お風呂直後は454g。

普段とは明らかにちがいました。

ただ
満杯ではないので実際はもう少し入ると思います。

体重をはかったので
水抜きをしました。

水抜きのポイント
  • ネネちゃんの手足をあげて
  • おしりを下にして
  • 振る

お水は穴からジャージャー出てきます。

ときどき角度を変えたり、
おなかのあたりを押すとしっかり出せます。

子どもの前だと罪悪感があるので
途中で洗面所で隠れて水抜きしました。

ネネちゃん水抜き後 246g

ネネちゃん人形お風呂水抜き

ちょっと髪がぬれていましたが
水抜きしたら246g。

200gほど水が入っていました。

1カップ程度のお水。

結構入ってしまいます。

頭の中はあまりぬれてなかった

念のため頭の中も確認してみましたが、
あまりぬれてなかった印象です。

頭のつけ外しは力がいるので
できればやりたくないと思っています…

子どもがネネちゃんと寝る場合は水抜き処理が忙しい

この200gの水を抜くのが
結構やっかい。

水抜きしないと水がもれるので
ネネちゃんの服も床もぬれます。

短時間で水抜きをするには
しっかり振る。

もっとよい方法があれば
また紹介したいと思います。

お風呂に入れるネネちゃん、ありがとう

わが子がお風呂に入りたくないとき。

ネネちゃんのおかげでスムーズに入れました。

本当にありがとう。

これからもよろしくお願いします。

そして
大人はがんばってケアします…!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です