絵本の紹介|ワールドライブラリーの絵本3冊セットを買いました

ワールドライブラリーの絵本3冊

知り合いからのプレゼントの中で、
ちょっとしかけのある絵本に子供が食いついていました。

ただめくるだけのしかけだったのですが、
それでもこんなに喜ぶんだ!
と、驚いてしまいました。

せっかくなら本格的なしかけ絵本を買おう!

と思い、ワールドライブラリーの絵本をお試しで注文しました。

ワールドライブラリーのしかけ絵本とは


ワールドライブラリーは、
世界の絵本を翻訳・出版している会社です。

インターネットでこちらの絵本を聞いて、
そのときは「ふ~ん」でした。

でも、しかけ絵本が欲しくなった今…

とても興味がわいてしまいました。

日本にもしかけ絵本はありますが、
海外のものもわが家の本棚に並べたい。

そんなちょっと欲も出て、
今回は3冊セットを選びました。

ワールドライブラリーのしかけ絵本が到着

ワールドライブラリーの絵本3冊

注文から3日で届きました。

ダンボールの中からギフトバッグが出てきて、
3冊の絵本が登場。

ちなみに、

ギフトバッグは不織布にリボンの簡易的なものですが、
贈り物にもいいな、と思いました。

1冊ずつ紹介します。

あおいよるのゆめ

あおいよるのゆめ

わたしも、我が子(1歳11ヶ月)もこれが一番好き。

指でスライドして色や風景が変わるしかけ絵本です。

あおいよるのゆめ

真っ暗な夜空が、

あおいよるのゆめ

いちめんの星空に。

あおいよるのゆめ

暗い町並みも…

(みなさんの想像どおりのしかけですが、なかなかドラマティックな動きをします)

子供の指でもスムーズに動くので
ストレスなく気持ちいい!

はじめてのえほん baby sees faces

絵本faces

この本は文字がありません。

だからこそ、赤ちゃんの頃から楽しめるとおもいます。

絵本faces

いろんな動物が、
大小さまざま登場。

最後に登場するのは…

鏡の中の自分!

(最後のページに鏡がついています。)

ストーリーや文字がないと、
月齢、年齢によっては物足りないと感じるかもしれません。

でも2歳近くの我が子も、
「これは?」「これは?」
と聞いてきて、大変。

シンプルな動物イラストが受けています。

あとは、鏡。

喜んで見ていました。

すてきなうちゅうへ

すてきなうちゅうへ

最後、3冊め「すてきなうちゅうへ」。

これはロケットに乗って宇宙に行く、
ちょっと科学的なお話です。

太陽系の惑星の説明もあって、
イラストもかわいい。

じゃばらに折りたたまれていて、
長く、伸ばして読めるしかけになっています。

すてきなうちゅうへ

ただ、子供には取り回しが難しいみたいです。

広い所で広げて見るといいかな、と思います。

海外のしかけ絵本を買ってみたい方におすすめ!

どんなしかけ絵本を買ったらいいかわからない。

本屋さんにも気軽に行けない。

そんなときにワールドライブラリーはおすすめです。

まずはお試しの3冊を取り寄せてみるのもいいと思います。

単品で買うと4,400円ですが、
セットならなんと!3,850円(550円OFF)です。



ご誕生、入園プレゼントにもぴったりな赤ちゃんしかけ絵本3冊セットが新登場!

こちら↓から単品でも購入できます。

赤ちゃんのときに買えばよかった!

今さらですが、
子供がもっと小さいときに買えばよかったです。

とくにfaces。

絵本faces

シンプルに描かれたいろんな動物が出てきて、
子供の目が釘付けになります。

読み聞かせるように、
動物の名前を言うだけでも。

そして最後のページの鏡。

まだ小さかった子供に見せてあげたかったな。

 

とはいっても、
2歳になるわが子も楽しんでいます。

もちろん、わたしも。

興味のある方はぜひ、お取り寄せしてみてくださいね。

 


ご誕生、入園プレゼントにもぴったりな赤ちゃんしかけ絵本3冊セットが新登場!

こちら↓から単品でも購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です