ミッキー社 Mポストボックスが壊れたので修理しました(1歳10ヶ月)

ミッキー社(ミッキィ社) Mポストボックスが壊れてしまいました。

ふたに他の木のおもちゃが挟まった状態で子供が上から乗って…バキッ!

作りはシンプルで丈夫ですが、

こんな壊れ方あるんだ、と悲しくなりました。

ですが、
Twitterで投稿したところ、修理方法のアドバイスをいただきました。

ありがとうございましたm(_ _)m

どのような修理をしたのか、紹介します。

残った木片をドリルで取る

まずは残った木片をドリルで取り除きました。

ドリルは持ってなかったので、隣に住んでる義父にお願いしました。

「どのくらい開けるの?」
と聞かれましたがよくわからず。

2cmくらいの深さになったと思います。

木片がちょっと残ってたのでピンセットできれいに取った後の状態です。

木工用ボンドを穴に流し込む

木工用ボンドを穴に入れました。

これも量はよくわかりません。

あふれないように少なめに入れたので、このあと詰める木片に届いたのか?

折れた木片はこんな長さです。

残った木片を差し込む

ボンドを穴に入れたら、箱にふたをセット。

ふたと箱の穴の位置を合わせて、折れた木片を差し込みました。

手でググッと入れましたが、
多分1cmくらいしか刺さってない気がします。

木槌などで叩くとさらに奥までいきそうですが、
そうすると長さが足りなくなるかも?

なので手でグイグイ押すだけにしました。

(それに木槌も金槌もないので)

まっすぐになるように微調整しながら、グイグイ押す。

木の棒は短くなりましたが、無事にふたはつきました。

左右の棒の出方を見ると、
折れてない右側は箱から出てますが、
折れた左側は出ていません。

完ぺきに直せた、という感じではありませんが、
上から押した感じも大丈夫そう。

無事に修理ができました。

※木の長さが足らないときは「木ダボ」を買うといいみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です