ついに三輪車デビュー!頑丈で安心のPUKY(プッキー)クラシック

プッキー三輪車

わが子、1歳7ヶ月。

ついに三輪車デビューしました。

愛車はドイツ生まれのPUKY(プッキー)クラシック。

3ヶ月使ってみて、頑丈で安心して乗せられると確信しました。

プッキーはドイツの子ども用自転車メーカー

 

この投稿をInstagramで見る

 

PUKY®(@pukyofficial)がシェアした投稿


見た目の赤・黄・黒はまさしくドイツ生まれ!

安全性と耐久性を重視した、質実剛健な製品づくり。

三輪車だけでなく、自転車やゴーカートなども取り扱っています。

なんと、
日本の皇室でも使われているとのこと。

私は「皇室」という言葉で興味を持ちました!

とても信頼できそうな感じですよね。

実際使ってみると安心感があります。

プッキー クラシック(三輪車)の紹介

PUKY三輪車

http://www.puky.jp/products/pg2113.html

  • 押し棒付き(長さ調節/取り外し可能)
  • 可動式サドル( 前後に調節可能)
  • ハンドルグリップ
  • セーフティパット
  • ハンドブレーキ機能
  • フリーホイール機能(押し棒使用しての走行時はペダルが回りません)
  • グリップタイヤ(安定・耐久性のあるタイヤ)

かわいいですよね!

右後輪にあるレバーがブレーキです。

オプションパーツもいろいろ

オプションでシートベルトやベルも購入できます。
(わが家はオプションなしです)

  • ベル
  • 前カゴ
  • シートベルト
  • セイフティフラッグ(長い旗、低い位置にいる三輪車の存在を伝えるもの)

プッキー クラシック(三輪車)の組み立てはちょっと大変

プッキー三輪車組み立て中

組み立てはちょっと大変でした。

購入店で組み立て用DVDをもらったときは、
「まさか、使うの??」
と思っていましたが…

なかったらもっと困難だったと思います。

15分くらいで完成。

シンプルなデザインが気に入りました。

プッキー三輪車

プッキー クラシック(三輪車)のいいところ①倒れにくい

ちょっとやそっとじゃ倒れにくいのが魅力です。

重さもあるし、タイヤもしっかりしてる。

まだ背の低い子供が、
がんばって足を上げて、
よいしょっ、とまたがる。

軽い三輪車だと倒れてしまいそう。

ですがプッキーはどっしりと地面に立っています。

タイヤもしっかりしているからでしょうか。

思ったよりタイヤは大きくありませんが、
溝もしっかりあり、本格的です。

プッキー クラシック(三輪車)のいいところ②イスを持って持ち運べる

PUKY三輪車

イスに穴があります。

ここがとても便利。

手を入れて持ち運べます。

玄関から段差を降りて三輪車を地面に置くとき。
外から玄関に三輪車を入れるときも。

この取っ手があるとヒョイッと持ち上げられます。

プッキー クラシック(三輪車)のいいところ③押し棒がついてる

押し棒があれば、
まだペダルをこげない時期から使えます。

足はペダルに乗せて(乗せないことも多いけど)、
大人が押し棒を押せば、
散歩が楽です。

ただし、

子供が三輪車に乗るまで知らなかったのですが、
子供って簡単に三輪車を乗り捨てるんです。

散歩の途中で。
家から近かろうが、遠かろうが。

そんなときも。

子供は抱っこして、
三輪車は押し棒で動かす。

帰れます。

プッキー クラシック(三輪車)はデザインが気に入ればオススメ!

プッキークラシックはデザインが気に入れば買いです!

品質や丈夫さは他の製品と比べても安心感があります。

三輪車はいろんなデザインがあって、
あと最近はラーニングバイクなんかも多くて、
パステルカラーのかわいいのとか…

おそらく、大人の好みで買うことになるとは思いますが…

品質ではプッキー三輪車おすすめです。

皇室御用達ですし(私の中でポイントなので2回言いましたm(_ _)m)。

興味ある方はぜひ見てみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です