不妊治療クリニック④ ~排卵日推定、性交後試験(ヒューナーテスト)、高温相のホルモン検査~

怖かった通水検査も終わりました。ここからが本番です。

「排卵日推定」「性交後試験」「高温相のホルモン検査」と続きます。

 

③超音波検査で排卵日を推定する

通水検査から4日後、稲垣婦人科に行きました。
尿検査後、いつもどおりの内診(超音波検査)で排卵日を特定してもらいました。

・超音波検査(エコー)
超音波検査で卵胞の大きさを測り、排卵日の推定を行います。子宮や卵巣の状態も診察します。通水検査のときに排卵日が推定できた場合、この受診は省略されます。

参考:初診時にもらったプリントより

おお、大きくなってるね。多分、24時間以内に排卵。
尿検査の結果も、テストラインより薄いけれど排卵日に近い、と言われました。

今日、タイミングとって、明日また来てください。
と、言われたので、

タイミング取れなかったら、どうしましょうか。夫が頑張れないかもしれないです。」と、
自分にはどうにもできないこともある、と言い訳がましく言ってしまいました。

そうだよね、まあ、どんな状態になるか確認したいので、来てください。」とのこと。

なんだか、安心しました。

(先生はドライな感じに見えるけれど、人の感情とか家庭環境は診断とは関係ないから詮索しないだけだと感じました。私はそれが嬉しかった。)

【この日の費用】530円
交通費のほうが高い。

そして、月曜日にもかかわらず、夫に頑張ってもらうことに成功しました。

※これはわが家にとって大変めずらしいできごとなんです!
 
 

④性交後試験(ヒューナー・フーナーテスト)

そして、夫からいただいたものをお腹に大切に入れ(気持ち悪いな)、いざ、出陣!

尿検査の結果も、前日よりも明らかなる強陽性となりました!

あとは夫は子供を作れる体なのか…
この結果がダメだったら、わたしはなんて伝えたらいいのか…
そんなことを、ずっと考えていました。

性交後試験(ヒューナー・フーナーテスト)とは

要はセックスしたあとに、子宮の粘液を見て、精子と女性の体の相性などをチェックします。
精子の数や元気かどうかも確認できます。

 

最近では精子の状態を気軽にチェックできる簡易ルーペもあります。
心配なときはこちらもオススメです。

 

▼こちらの記事

 

・性交後試験(ヒューナー・フーナーテスト)

排卵直前に行うのが理想です。性交渉の8~12時間後に頸管粘液を採取して精子を数えます。正常値は400倍視野の顕微鏡で
10匹以上の運動精子を確認することです。
10以下や10匹以上いても運動性がよくないような場合は精液検査を行います。
多い人は200匹くらいの運動精子がいます。(ホームページ上に動画が掲載されています。)
この検査は抗精子検査(奥さんがご主人の精子を殺してしまう体質)を診るものですが、精子が少なかったり、頸管粘液の性状が
よくない場合も運動精子が少なくなります。

参考:稲垣婦人科当院で行う不妊症の基本検査

性交後試験は、普通の内診と変わらなくて、若干奥の方に器具を入れられました。
一瞬だけ、嫌な(痛い)感じがして、終わりました。

フーナーテストの結果

そしてドキドキの結果は、すぐに見られました。

旦那さんも正常です
とのことでした。

画面にうごめく無数の精子を見て安心する。私は夫のことを信じていなかったのだ。
太っている、デスクワーク、運動不足、睡眠不足。

子供ができない理由の1つは夫に責任があると思っていました…違いました。
 

 

先生の衝撃発言

これでもいいけど、あと4回位タイミングとるといいですね

え…(無理無理)

一応、先生からの言葉なので、持ち帰って夫に話したところ、即答で「無理」と言われました

可能性を増やすためには、頑張りたいけど…
まあいいや、この周期のやれることは終わった、と思うことにして気を落ち着かせることに。

【この日の費用】940円

目で見て確認することの大切さと安心

妊活を始めて、一番モヤッとしたのは、「目に見えない事象」ばかりということです。
体温を測っても、排卵しても、傾向がわかるだけで、「これだ!」という確信がもてませんでした。

マニュアルはあるけれど、人によって結果には差がある。
自己流の域を抜けないのでは? とんだ憶測違いしてるのでは?

それが病院で先生に見てもらって確認してもらうことの確実性。
特に性交後試験は一番衝撃的でした。

体にちゃんと精子がとどまってくれている!

人体の体の不思議を強く感じました。

 

▼精子の状態だけ簡易チェックしたいときはこちらもおすすめ
 

 

⑤高温相のホルモン検査

不妊症の検査の最後は、高温相のホルモン検査です。
プリゲステロン(黄体ホルモン)とプロラクチン(射乳ホルモン)を主に見る検査です。

・高温相のホルモン検査

プロジェステロン(黄体ホルモン)は高温相の中期に行うとおおむね15前後の値になります。
6以下は黄体機能不全と診断されます。更に正常値であっても高温そうが10日未満なら黄体機能不全が疑われます。

プロラクチン(射乳ホルモン)は本来出産後に高くなるホルモンで授乳を助けるホルモンです。
授乳中はすぐに次の子供を作らないように排卵を抑える作用や子宮を収縮させる作用があります。
乳汁がでなくても明らかに高い値の方はプロラクチンを下げる薬を処方します。
またこれが100以上ある方は脳下垂体腫瘍なども疑われます。

参考:稲垣婦人科当院で行う不妊症の基本検査

「あーもー、あとはすることないな」と思いながら、採血をしてもらい、終了となりました。

次回は「生理が来なかったら2週間後」「生理が来たら15日目」に行くことになりました。

【この日の費用】1,060円

 

その後の過ごし方

通院を初めたのは8月中旬、ここまで終わったのは11月中旬。
もう、秋も終わりの時期でした。

通院と並行して、自分が中心のイベントの準備を3ヶ月して、それもちょうど終わりました。
いろいろホッとしているのもつかの間、風邪をひいたようでした。

初めは妊娠超初期症状では、と疑っていました。
が、喉が痛い。次第に鼻水も出る。熱もありそうで、とにかく横になって眠りたい。

しかし無情にも、他のイベントの手伝いをすることになっていました。
そのうちの1つは、着物で風の通る土間でお茶出しという、大変な寒さの中のイベントでした。半日で体は冷えた。

私はこのとき、「今回の周期は終わったわ」と、密かに思っていました

しかし、ドキドキの生理予定日は、なにごともなく過ぎて行きました。

▼続き
稲垣婦人科(名古屋市・大曽根)【不妊症検査その後、妊娠まで】

▼妊活中~妊娠中も飲んでます!
小さな粒、匂いもなくて飲みやすいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です