洗濯乾燥機を買いたい!まずチェックするのは形状と乾燥方法

洗濯乾燥機

洗濯乾燥機で洗濯から乾燥まで一気にやってるぼっちネコです。

洗濯物を外に干さない生活、かれこれ1年。

洗濯物を持ち運ぶ時間、干す時間、時短できてます!

 

「洗濯乾燥機、ちょっと気になるよ」というかたも多いでしょう。

でもなにから考えたらいいか?

悩みますよね。

 

この記事では洗濯乾燥機を買うときに選びやすくなるポイントを紹介します。

最終的にぜひ購入して、時短しちゃいましょう~!

洗濯物用の乾燥機は4種類ある

洗濯物用の乾燥機と呼ばれるものは多く4種類あります。

ポイント
      • 洗濯乾燥機
      • 乾燥機(外付け)
      • 浴室乾燥機
      • 衣類乾燥除湿器
      • 布団乾燥機

1つずつ説明します。

1.洗濯乾燥機

洗濯機と乾燥機が一体化したものです。

洗濯~乾燥まで一気にできる唯一の機械。

乾燥機付き洗濯機、とも言います。

わたしはこれを使っていて、寝る前に洗濯機のボタンを押すと朝には乾いています。

2.乾燥機(外付け)

洗濯機能のみの「洗濯機」の上などに設置する「乾燥機(外付け)」です。

洗濯機で洗濯が終わったら、乾燥機に入れて乾燥させます。

「新しい洗濯機、この前買ったばかりだよ(泣)」

という方はこちらの設置がオススメ。

電気とガスの選択肢があります。

3.浴室乾燥機

おふろを乾燥機として使えるように機械を設置します。

アパートに設置されてることもよくありますね。

これだと干す手間はかかりますが、洗濯機とお風呂は近くにあることも多く、サッと干せるでしょう。

4.衣類乾燥除湿機

部屋干ししてる部屋に置く除湿器です。

風も出て、除湿もできる。

場所も選ばず使える上に安価なので気軽に使えます。

5.布団乾燥機

布団乾燥機の送風モードを「乾燥機」として使えることがあります。

室内干しと変わりませんが、送風で若干早く乾きます。

(オマケ程度ですね)

この記事では「1.洗濯乾燥機」を詳しく紹介します。

洗濯乾燥機の「縦型」「ドラム式」の違い

洗濯乾燥機を探しているとき、まず気づくのが「縦型」と「ドラム式」があること。

「ドラム式のがおしゃれ」と見た目で決めるのもアリですが、それぞれに特徴があります。

結論から言うと洗浄力はどちらも同じ。
ただ落とすのが得意な汚れが違います。

(ちなみに私は見た目でドラム式を選びました。)

洗濯乾燥機 縦型の特徴

縦型の洗濯機は昔からなじみ深い形ですよね。

洗濯槽に水をためて、底のプロペラを回し水を攪拌します。

その回転した水流で洗濯物をもみ洗いする、という仕組みです。

水をたっぷり使い、衣類をこすり合わせて汚れを落とす方法は泥汚れが落ちやすいとされています。

洗濯乾燥機 ドラム式の特徴

ドラム式は海外で使われているイメージや、コインランドリーを思い浮かべる方も多いでしょう。

洗濯槽は横向きになっていて、回転すると洗濯物は上から下に叩きつけるように洗うことになります。

ドラム式の洗い方のほうが皮脂汚れに強いと言われています。

また使う水の量が少なくて済むので節水になる利点があります。

そして乾燥機として使う場合は、ドラム式のほうが優秀。

風が洗濯物全体にあたり、速く・風合いよく乾きます。

参考 ドラム式とタテ型洗濯機どっちが良い? ライオンのお洗濯マイスターが洗濯のコツを解説家電Watch

泥汚れなどをしっかり落としたいときは縦型、

乾燥機能を重視したいときはドラム式を選ぶといいでしょう。

乾燥機の種類

洗濯乾燥機を調べていると必ず出てくるのが「ヒートポンプ式」と「ヒーター式」。

整理すると3つに分かれます。。

ポイント
  1. ヒーター式
  2. ヒートポンプ式

似たような名前でよくわかりませんよね。

それぞれ解説します。

1.ヒーター式

ヒーター式は簡単に言えば熱風で乾燥する方法です。
熱い風で乾燥するイメージ、ありますよね!

ヒーターで洗濯物を温めて乾燥。

出た水蒸気を水道水で冷やして水にして排出するものは「水冷式」と呼ばれます。

電気代と水道代が高くなる、熱で衣類がダメージを受ける、乾燥中に洗濯機のドアを開けれないなどのデメリットがあります。

ただ、各社さまざまなヒーター式を開発しているため、温度が上がりすぎないものや、電気代が抑えられるものもあります。

2.ヒートポンプ式

パナソニックが開発したヒートポンプ乾燥。

ヒートポンプとは「熱交換器」のことで、エアコンやエコキュートにも使われています。

除湿で洗濯物を乾燥させるイメージです。

60℃以下の低い温度で乾燥できるので、衣類の傷みも少なく、ヒーターを使わないので省エネです。

ただしお値段が高め。

初期投資をとるか、ランニングコストを取るか。

悩みどころですね。

洗濯乾燥機のメーカー

日本で洗濯乾燥機を発売しているメーカーはどこでしょうか。

洗濯乾燥機メーカー
  • パナソニック
  • 日立
  • 東芝
  • シャープ

どこのメーカーもドラム式と縦型のラインナップがあります。

最近のトレンドは「洗剤自動投入」と「スマホ連携」。

洗濯乾燥機も時短で便利になっていきます。

パナソニック

温水で黄ばみやにおいをスッキリ洗える「泡洗浄」、

ヒートポンプ式の乾燥機。

あと個人的にはデザインがめちゃくちゃオシャレ。

 

初めて買ったドラム式洗濯乾燥機はパナソニックでした。

日立「ビッグドラム」「ビートウォッシュ」

ドラム式は「ビッグドラム」、縦型は「ビートウォッシュ」というブランド名で発売されています。

 

しわが少ない技術「風アイロン」は、しわが少なくキレイに仕上がります。

わが家は日立の洗濯乾燥機を使っていて、仕上がりに満足しています。

形状記憶のワイシャツもそこそこキレイです。

東芝「ZABOON」

「ウルトラファインバブル」を洗濯機で生成し、しっかり汚れを落とします。

なんだかカッコいいですね!

ドラム式はヒートポンプ式。縦型はホットサイクル乾燥です。

シャープ

乾燥フィルター自動お掃除がついてるのはシャープだけ!

地味に乾燥フィルターの掃除は大変。

ドラム式乾燥機は「ヒートポンプ式+ヒーター式のハイブリッド」もこだわりです。

洗濯乾燥機を買うときにチェックすること

以上をふまえて、洗濯乾燥機を買うときにチェックすることをまとめました。

洗濯乾燥機を買う前にチェックすること
  • 汚れの種類(泥汚れ→縦型、皮脂汚れ→ドラム式)
  • 乾燥機能(乾燥時間や電気代)
  • 洗濯容量(家族1人 1.5kg/1日が目安)
  • 設置場所の大きさ

この4点をチェックしたら、家電量販店に行ってみましょう!

「これわが家に合うかも?」というのがピックアップしやすいと思うのでオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です