〇〇な人は里帰り出産に向いてる?里帰り出産する・しない悩んでる人必見!

里帰り出産しなかったぼっちネコです。
わたしは里帰り出産しませんでしたが、大きな問題はありませんでした。

なんとなく
「里帰り出産しなくて大丈夫だろう」
「実家に帰るほうが大変かも?」と思っていました。

里帰り出産するか悩んでこのページを読んでる方もいるでしょう。
里帰り出産しないことはそんなに難しいことではありません。
(海外では主流)

でも里帰り出産のほうが安心できる人もたくさんいますよね。

この記事では

里帰り出産に向いている人
里帰り出産しなくても大丈夫な人

それぞれの特徴を分析してみました。

里帰り出産する?里帰り出産しない?
悩んでいる人の助けになれば幸いです。

里帰り出産に向いてる人

まずは里帰り出産に向いている人を考えてみました。

実家と仲がいい、家族で助け合うの大切!

実家と仲がいい家族で助け合うのは当然!
と考えている人は里帰り出産に向いています。

そして実家の現状を知ってるとなおいいでしょう。

実家にいて自分が動けず寝ていても助けてもらえるか?
など想像してみると早いでしょう。

実家によく帰る

実家が一番落ち着く!
という人はやっぱり里帰り出産に向いてます。

長居しちゃうというのも居心地いい証拠。
出産前後をゆっくりと過ごせるでしょう。

出産前後はみんなでワイワイ過ごしたい

出産前はいつ陣痛が来るかわかりません。

「これ、陣痛かな??」

お母さんがすぐそばにいて
まだまだだねぇ」「もう病院行ったほうがいいかも!

なんて相談できたら安心ですよね。
出産後もそばでアドバイスしてくれたら心強いです。

兄弟やおじいちゃん、おばあちゃんもそばにいれば何世代もみんなで出産の喜びを分かち合えます

さみしがりや

常にだれかと話したい!」「静かなのはいや!
そんなタイプは里帰り出産のほうが楽しく過ごせるでしょう。

自分の友達が近くにいれば、
友達と出産前にランチに出かけたり、出産後は子供を連れて見に来てくれたり

出産後は一人になると孤独を感じやすい。
里帰り出産なら家族や昔ながらの友人と顔を合わせやすいので、さみしくないです。

不安なことは人に聞いて解決するタイプ

例えば、
「赤ちゃんがおっぱいを飲んでくれない」
なんて悩みがあった時。

お母さんがそばにいればすぐに聞けます。

普段から不安なことは誰かに直接相談したくなるタイプは里帰り出産のほうがストレスが少ないでしょう

自分の親に早く孫の顔を見せたい

親に早く孫の顔を見せたい。
親も「孫の顔がみたいよ」と言っている。

里帰り出産なら生まれてすぐ、赤ちゃんの顔を見せられます。

新生児の貴重な時間をおじいちゃん、おばあちゃんと過ごせるなんて!

親もうれしいし、自分も親孝行になりますね。

ひいおばあちゃんやひいおじいちゃんがいるときもオススメです。

出産は実家も含め、家族みんなの大事なイベントだ

出産は家族みんなで一緒にがんばる、大切なイベントだ!

普段は別の場所に住んでるけど、
大変な時は家族みんなで協力しなきゃ!

出産は家族の絆が強くなる一大イベントと言えるでしょう。
ぜひ里帰り出産しましょう!!

ここまで読んでみて、里帰り出産したくなってきましたか?
里帰り出産っていいなと思ったら、既に素質あり!ですよ。

次に里帰り出産しなくても大丈夫な人を紹介します。

里帰り出産しなくても大丈夫な人

里帰り出産しなくても大丈夫な人は、
一人で家にいても苦にならない
旦那さんと2人で出産・育児をしたい

そんな思いが強ければ、里帰り出産しなくても大丈夫でしょう。

一人でいるのが苦ではない

里帰り出産しない人は自宅で出産前後を過ごします。
旦那さんがいるときもあれば、いないときもある。

普段は1人でいるのが好きな人も、出産前後はメンタルがキツいと感じるときがあるでしょう。

でも元から「1人で大丈夫」派の人ならここぞのときに踏ん張れると思います!

注意
でも無理は禁物です

旦那さんの近くにいたい、離れるのが心配

旦那さんを1人にしたらどうなることやら・・・
そう思っている人も里帰り出産しないのがオススメです。

旦那さんが大好きで離れたくない」という意見もあれば、

せっかくキレイにした部屋を散らかされたくない
外食三昧で不摂生になる。
浮気が心配

といったネガティブな意見もあります。

(これから旦那さんと二人三脚で育児をするのに、おかしな話ですが・・・)

里帰り出産で遠くにいる旦那さんにストレスを感じるより、
旦那さんの行動がわかる範囲で過ごすのも、精神的安定するでしょう。

親、実家が苦手

最近は「毒親」などの言葉があるように、実は親子の関係も複雑だとわかってきました。

親といることが必ずしも幸せとは限らない
という考え方です。

無理して親と過ごすより、自分のペースで出産前後を迎えるのも意外に楽だったりします。

実家で過ごすことに抵抗がある人もいるでしょう。

兄弟や同居してる家族。
建物に問題がある場合も。

古くて暑さ寒さが厳しい家。
田舎過ぎて不便な街。

今住んでる自宅のほうがいいや!
と少しでも思ったら里帰り出産しないことも検討してみては?

実家にほとんど帰らない

家族と仲が悪いわけではないけれど、実家に帰らない人もいます。
何年振りかに帰ったら、実家が思いのほか居心地悪い、なんてこともあります。

こんな汚かったっけ?
こんなボロボロだったっけ?

思い出とはうらはらの実家に驚くこともあります。

何年も実家に帰ってなかったら、里帰り出産を決める前に実家に帰りましょう
現状を見てから里帰り出産を決めても遅くありません。

(わたしは1年に2回しか実家に帰りません)

出産前後は静かに過ごしたい

里帰り出産は家族でワイワイ過ごせます。
でも静かに赤ちゃんと過ごしたい、という人だっていますよね。

里帰り出産しない、マイペースで過ごせる自宅もいいですよ。

でも残念ながら出産後、義実家の親や親せきが突撃してくることもしばしば・・・

出産前に「来るときは事前に連絡して」と伝えることをオススメします。
(と言っても聞いてくれないこともしばしば・・・困りますね。)

不安なことは自分で調べて解決するタイプ

わからないことがあったらすぐネット検索していますか?
(私はそのタイプです)

誰かに聞くより、ネット検索する人は里帰り出産しなくてもやっていけるタイプです。

ただ注意点もあります。
出産、育児に関するネット情報は不確かなことが多いです。
いくら検索しても解決せず、悩み続けてしまうこともしばしば。

そんなときは早めに病院に行くか、相談窓口に連絡がオススメです。

親がそばにいないときは、気軽に専門家に相談しましょう。

出産は夫のサポート中心で乗り越えたい

旦那さんが立ち会い出産を望んでいる
旦那さんのサポートで出産したい。

里帰り出産しないで自宅近くの産院で出産をオススメします。

出産入院中に買い出しをお願いするとき、旦那さんに土地勘があれば動いてもらいやすいです。

もしも親が来ていても、旦那さんのほうが頼りになる(はず)でしょう。

出産も育児もなんとかなるだろう!と思ってる

「不安はいろいろあるけれど~~~~なんとかなるんじゃない?」

そう思ったら里帰り出産しなくて大丈夫な素質があります!

もちろん無理は禁物です。

何かあったときは旦那さんや外部サービス、親を頼る準備を。

里帰り出産してもしなくても安心して出産前後すごせますように

里帰り出産することがまだ主流の日本。
でも里帰り出産しないのも1つの方法です。

それぞれの良さがあり、個人の性格もあり。

自分に合った出産前後の過ごし方ができれば一番いいですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です