里帰り出産は実家で安心!メリットとデメリットを紹介!意外とストレス?

里帰り出産しなかったぼっちネコです。

産後知りましたが、意外と里帰り出産した人が多くてびっくりしました。

核家族化が進み、もう里帰り出産なんて時代遅れ?と思っていましたが、
里帰り出産はまだまだ主流です。

出産は実家の家族との大きなイベント

身の回りをきめ細かにサポートしてくれる親。
かわいい孫の誕生を親とお祝いできる、親孝行の1つ。

里帰り出産を当然と考えてる人がまだまだ多いです。

人気の高い里帰り出産。
知人の話やインターネットで調べたメリット・デメリットをまとめました。

里帰り出産とは?

出産前後を実家で過ごすことを総称して「里帰り出産」といいます。

妊娠後期、出産、産後は体に大きな負担がかかります。
自分だけで生活することは難しい。
誰かサポートしてくれる人が必須です。

里帰り出産では妊婦さんが実家に戻り、実の母親がサポートすることが多いでしょう。

逆に里帰り出産「しない」場合、旦那さんがサポートします。
実の親が来てくれることも多いです。

日本では主流の「里帰り出産」。
実は外国では里帰り出産はあまりありません。

日本は子育てや介護といった家族同士のお世話は家族でするもの、という考え方が根強いようです。

里帰り出産のメリット・デメリット 3つのポイント

次に里帰り出産のメリット・デメリットの紹介をします。

里帰り出産するときのメリット・デメリットには、以下の3つのポイントがあります。

里帰り出産のポイント
  1. 人間関係(夫、親)
  2. お金
  3. 自宅環境

実家に戻るということは、久しぶりに親と生活することになります。
また、旦那さんとは離れて暮らします
それだけでいつもと違うことが起こりそうな予感がしますね。

お金に関しても、実家が遠方であれば移動費やベビー用品を買いそろえる・送るといった費用もかかります。

実家の環境も久々に戻ってみたら、あれ?なんてことも。

それぞれのポイントに分けて紹介します。

【人間関係】里帰り出産のメリット・デメリット

里帰り出産のメリット・デメリットの一番のネックは人間関係、主に「親」「夫」です。

【人間関係】里帰り出産のメリット

親が身の回りのことをしてくれる

里帰り出産の一番のメリットは「親が身の回りのことをきめ細やかにしてくれる」に尽きるでしょう。

  • 身の回りのことをこまめにしてくれる
  • 不安や愚痴を聞いてくれる
  • ちょっと説明しただけで、わかってくれる
  • 先回りしてやってくれる

旦那さんではなかなか難しいことも、親だったらパッとやってくれます。
瀕死状態の産後は神様のように見えるでしょう。

育児の不安を解消してくれる

親は育児の経験者です。
経験者がそばにいるだけで心強い!

赤ちゃんの心配も「大丈夫よ!」と言ってもらえたらほっと一安心です。

里帰り出産のデメリット<人間関係編>

親と意見が合わないとストレス

一緒に生活してた時は大丈夫だったのに、子育ての話は意見が合わないことがよくあります。

特に親世代の育児と今の育児では違うことも。

「お母さん、また昔のこと話し出した・・・」とウンザリすることもあります。

(うちは母がよく「4か月になったら果汁をあげる」という話をしてます。今はあげません。)

思ったより家事をしてもらえなかった

実家に帰ったのに、親が仕事で忙しいから結局家事してる、という話もよく聞きます。

里帰りする前に親の状況を確認しておくと安心かもしれません。

夫が育児に参加しにくい

里帰り出産だと旦那さんが立ち会い出産に間に合わないこともあります。

そしてちょっと顔を見ただけで帰ってしまう。
その後の育児参加が難しくなる可能性があります。

親と赤ちゃんのお世話をして、育児のやり方ができあがり、
自宅に戻り旦那さんと育児しようとしても、レベル差にガッカリしてしまうかもしれません。

里帰り出産から自宅に帰るのがめんどうになった、という人もいました。

夫が心配

里帰り出産で何ヶ月か自宅を空けることになります。

不安なのは

  • 旦那さんが1人で生活できるか?
  • 自宅をちゃんと掃除しておいてくれるか?
  • 浮気しないか?

もちろん旦那さんも大人なので身の回りのことくらいやれるでしょう。

でもなんだか不安。

里帰り出産から戻ってから自宅の状態は?キレイになってるかな?
赤ちゃんとすぐに生活始められるかな?

しかし残念なことに、
「里帰り出産から帰って、まず掃除」
はよくあるようです。

里帰り出産すると親との絆は強くなりますが、旦那さんが心配

 

それでも里帰り出産するのは、育児経験者の親と過ごしたい、
その安心感には代えられないということです。

【お金】里帰り出産のメリット・デメリット

里帰り出産は実家に帰ることです。
交通費や実家にベビー用品を置くなどの事前準備が必要。
でも実家ならお金の心配はいらないかも?

【お金】里帰り出産のメリット

実家がお金を出してくれる

「あんたは余計なお金を出さなくていい!」
と言ってもらえるかもしれません。

そこまでじゃなくても、食費や光熱費など大目に見てもらえることが多いでしょう。

でも感謝の気持ちを込めて生活費を出したほうがよいようです。
親しき中にも礼儀あり、トラブルを回避できるでしょう。

「受け取れない!」と言われるかもしれませんが、用意しておきましょう。

【お金】里帰り出産のデメリット

移動費、輸送費、生活費。こまごまとお金がかかります。

交通費がかかる

新幹線や飛行機で帰る場合は往復の交通費で万札が飛びます。

もしかしたら実家の環境を整えるために、出産前に何回か帰ることになったら・・・

ベビー用品を実家の分も用意

自宅だけでなく、実家にも赤ちゃんスペースが必要!

ベビーベッドに哺乳瓶、授乳クッション・・・

実家用と自宅用で2つ用意する?レンタルする?

里帰り出産から自宅に戻るときに、生活用品を送るのもまたお金が。

実家への生活費の支払い

「生活費?いいよいいよ!」と言ってもらえればタダですが、
そういうわけにはいかないようです。

逆に払わなくていいと思ってたら「払え!」と怒られたという話も聞きます。

里帰り出産だからといって、お金がかからない・節約できるというわけではなさそうです。

【自宅環境】里帰り出産のメリット・デメリット

自宅を出て早〇年。
やっぱり実家は落ち着くわ~!ということもあれば、こんな家だっけ?と思うこともあります。

何年も経てば変わることもあるかもしれません。
自宅環境に関するメリット・デメリットを紹介します。

【自宅環境】里帰り出産のメリット

やっぱり実家は落ち着く!

里帰り出産をする人は「実家は落ち着く!」というのも大きな理由です。
実家が落ち着かなかったら、わざわざ帰りませんよね。

これといった理由がなくてもなんだか落ち着く。

それが里帰り出産に大切なのかもしれません。

出産後、友人や親せきにすぐ挨拶できる

出産したら「赤ちゃん見たい~!」という方は結構多いです。
出産連絡したらみんな見に来てくれてワイワイお祝い

友人が子供を連れてきて、これから赤ちゃんってこんなふうにに成長するんだ~!
とワクワクする話もよく聞きます。

昔お世話になった方などにも気軽に会いに行けるので、里帰り出産はさみしくないです。

【自宅環境】里帰り出産のデメリット

想像より自宅が汚い、居心地が悪い

親も年をとって、家事をおろそかにしていることが結構あります。
(私は実家に帰ると驚くことがあります)

親も子育てを終えて、夫婦で過ごすと・・・いろいろ手を抜き始めるのかも。
あれ?うちってこんなボロいっけ?」という気持ちになるかもしれません。

でも昔より居心地が悪くなっていないか確認したほうがいいかもしれません。

「やっぱり実家は落ち着く~!」が最大のメリット

里帰り出産のメリット・デメリットを紹介しました。

実家は親がなんでもしてくれるし、雰囲気も落ち着く、と感じたら里帰り出産。

でも何年も帰っていないうちに、実家や親が変わっていることもあります。

事前にチェックしてから里帰り出産するか決めたほうがいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です