ブックスタート事業で紹介された本【図書館オススメ赤ちゃん向けの本】

赤ちゃんと絵本

私の住んでる町(愛知県安城市)では、4ヶ月健診で本のプレゼントがあります。

ブックスタートとは

ブックスタートは、0歳児健診などの機会に、絵本をひらく楽しい「体験」と「絵本」をセットでプレゼントする活動です。
抱っこのぬくもりの中で絵本を読んでもらう心地よさや嬉しさを「すべての赤ちゃん」に届けます。
赤ちゃんの幸せを願い、行政と市民が連携して行う自治体の事業です。

NPOブックスタートより

2019年5月現在、1044市区町村の自治体が実施しているとのこと。
(※全国の市区町村数は、1741)

ブックスタート、あったよ!という方も多いのではないでしょうか。

安城市のブックスタート事業

愛知県安城市のブックスタートは4ヶ月健診で。
健診の待ち時間にボランティアの方が声をかけしてました。

安城市のブックスタートは平成25年(2013年)、新美南吉生誕100年記念事業から始まったようです。

新美南吉の本1冊とオススメの4冊から1冊選べます。

次にブックスタートでもらえる・もらえた本を紹介します。
ネットで調べると年によって違うようなので、これまでの本も紹介します。

【2019年度】安城市のブックスタート本紹介① かにのしょうばい

愛知県安城市では【安城市新美南吉絵本大賞】という公募があります。
2018年の大賞は「かにのしょうばい」でした。
その作品の絵本がブックスタートで必ずプレゼントされます。
絵本 かにのしょうばい
画像は安城市役所HPより

以前は「にひきのかえる」でした。

t
絵本 二匹のカエル
画像は安城市役所HPより

【2019年度】安城市のブックスタート本紹介② のせてのせて

【2019年度】安城市のブックスタート本紹介③ だるまさんが

定番の絵本ですね。

わが子も「だるまさんが」と読むと体を揺らします(^^)/

【2019年度】安城市のブックスタート本紹介④ あそび

文章はありませんが、シンプルなイラストで表現されています。

【2019年度】安城市のブックスタート本紹介⑤ どうぶつのおかあさん

私はこの本を選びました。
(司書さんに聞いたらこの本が一番人気とのことでした。)

ボランティアの方が紹介してくれたとき「この本は普通の本屋さんにあまりない」と。

みんなそれを聞いて選んだのでは?

動物のお母さんがどうやって赤ちゃんを運ぶか、リアルに描かれています。

【過去】安城市のブックスタート本紹介⑤ くっついた

子供と「くっついた!」と遊べるのがうれしいです。

【過去】安城市のブックスタート本紹介⑥ いないいないばあ

こちらも松谷みよ子さんの定番の絵本。

落ち着いたタッチ、繰り返されるいないいないばあ。

大人も子供も好きな絵本です。

【過去】安城市のブックスタート本紹介⑦ くだもの

果物そのものと、食べる直前のカットされた状態の変化が楽しい絵本です。

トートバッグももらえて嬉しいブックスタート

安城市新美南吉トートバッグ
画像は安城市役所HPより

絵本と一緒にトートバッグももらえます。
私のときは「かにのしょうばい」のトートバッグ、過去には「二ひきのかえる」のトートバッグが配られました。

当日持ち帰る時に便利なのはもちろん、書類が入るサイズなのでその後もよく使います。

安城市周辺の絵本やさん「花のき村」「カルテット」

安城市周辺で絵本屋さんといえば「花のき村」と刈谷市の「カルテット」があります。

花のき村

参考 花のき村公式サイト花のき村

木のおもちゃと絵本のカルテット

参考 木のおもちゃ カルテット公式サイト木のおもちゃと絵本のカルテット

どちらも絵本専門店。
買うときに相談に乗ってくれるでしょう。

「なにか絵本買ってあげたい!」ときにオススメのお店です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です