刈谷市美術館「グラフィック・デザイナー土方重巳の世界展」(愛知県刈谷市)

愛知県刈谷市の刈谷市美術館で開催されている「グラフィック・デザイナー土方重巳の世界展」に行ってきました。
作品数が多く見ごたえ抜群!
薬局の前にある「サトちゃん」の生みの親ということもあり、一緒に写真もとれました!
ベビーカーをお借りしてゆっくり鑑賞しました。

刈谷市美術館はカワイイ展示が多い!

これまで刈谷市美術館には何度か行ったことがあります。
その理由はカワイイ展示が多いからです!

初めて行ったのは「生誕100周年記念 中原淳一展」でした。
「レオ・レオニ 絵本のしごと」「藤井千秋展」も行き(思ったより行ってなかったです(^^;)、これからの展示にも注目しています!

ちなみに2019年は「『ねないこだれだ』誕生50周年記念 せなけいこ展」が開催決定。
9月21日(土)~11月10日(日)までなので、今から予定に入れたいと思います。

グラフィック・デザイナー土方重巳の世界展

今回行ったのは昭和のグラフィックデザイナー「土方重巳」の作品展です。
全館使っての展示で作品数も多い!
ラフもたくさんあって見ていて興奮しました。

はじめは油絵など絵画の基本の作品があり、徐々に映画のポスターや舞台美術のデザインを手掛けるようになりました。
そして私たち…というよりも親の年代になじみ深い「おかあさんといっしょ」の初代キャラクター「ブーフーウー」のような子供向けキャラクターのデザインも手掛けるように。

土方重巳はサトちゃんの生みの親

そして有名な佐藤製薬のサトちゃん。
こちらのデザイン案も多数展示されていました。

実際のサトちゃん像と写真撮影も可能!
動くタイプのサトちゃんも100円で乗れます。
(今回は遠慮しました。子供がもう少し大きかったら!)

土方重巳は人形絵本のデザインも手掛ける

昔は人形絵本というものがあり、絵本の挿絵が人形で作られているシリーズがあったようです。

その人形のデザインを土方さんが手掛けていました。
人形は谷内(熊谷)達子さんという方が制作されていましたが、この人形もまた!かわいかった!
人形の背景の家具などもおしゃれ!
そしてよく人形が残っていたな~という気持ちにも。

初のテレビCMは時計のセイコー!デザインを手がけた土方さん

テレビが放送されたとき初めてのCMがセイコーの時計といわれています。
そのときのアニメを土方さんがデザインしたと知り、驚きました!

正午を知らせる時報に出てくる…ニワトリです!

ほかにもパペット時計という置き時計もたくさんの種類を出していました。

昔は手書きだったんだ!と感動

昔はポスターなどの文字も手で描くのが普通だったんだな…と原画を見て思いました。
土方さんの熱い思いのこもったラフ画やポスター、キャラクターデザイン案、パペットなどを見ていると、こちらにもその思いが伝わりました!

今は簡単に作品を量産できるけれど、昔の、1つ1つを大切にするモノづくりを感じて美術館を後にしました。

初めて刈谷市美術館でベビーカーを借りた

展示を見ていると途中で子供がキャーキャー言い出しました。
暑いのかなと思い、ベビーカーを借りました。

美術館の正面入り口を入ってすぐ左、階段の下にあります。
2台あって、月齢1か月~と2か月~のものなのでだいたいの赤ちゃんは乗れると思います。

結局2階の展示を見てるときにグネグネ動いてまた抱っこしましたが(^^;

連休最終日でしたが、あまり人も多くなかったので助かりました。

帰りはみなくる刈谷へ

帰りはみなくる刈谷に寄って帰りました。

初めて知りましたが、みなくるには授乳室があります。
2人で使うタイプなので居心地はよくないですが、刈谷市美術館には授乳室はなかったのでここで授乳するのもおススメです。

土方さんの熱い思いを感じる作品達に感動!

手書きの作品をこのところ見ていなかったので胸を打たれました。
私もなにかしたいな、と気持ち新たに頑張ろう!という思いでいっぱいです。

刈谷市美術館の情報

住所 刈谷市住吉町4丁目5番地
電話番号 0566-23-1636
開館時間 午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 月曜日、祝日の翌日、年末年始、展示替え日、館内整備日など
有料展の入場料金 展示会による(中学生以下は入場無料)
公式HP 刈谷市美術館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です