つわりが軽くなったら流産が心配・不安?【9週・10週・11週あたりで稽留流産】

妊娠中に「あれ、つわりがなくなった?」と思うことがあります。
「もしかして流産かも?」と心配になってしまいますよね。
必ずしも、つわりがなくなると流産した、というわけではないようですが、私の体験を紹介します。

私のつわりは「匂いつわり」メイン

つわりの種類の主なものは以下の5種類がよく挙げられます。

・吐きつわり
・食べつわり
・匂いつわり
・眠りつわり
・よだれつわり

私の場合は、「食べつわり」「匂いつわり」「眠りつわり」「よだれつわり」です。
吐くことはありませんが、吐き気といろいろな匂いへの拒否感があります。

この記事を書いているときは13週ですが、食べ物のことや料理をすることを考えるだけで気持ち悪いです。(10週前後のときに比べたらマシですが)
そして、日によりますが、とてもダルくて眠いです。

焼肉屋さんのCMの「ジュージュー音」にはずいぶん苦しみました。
よだれつわりは12週になったら突然出てきました。

【1回目の妊娠→流産】つわりが軽くなった10週

1回目の妊娠は、11週の診察で「稽留流産」となりました。
これは特に前触れもなく(出血や腹痛など)、ルンルン気分で診察してわかりました。
大きさは9週程度、前回の診察の直後に心拍が止まったようです。

思えば、9週で亡くなったとして、その1週間後の10週の自分は…
周囲に「つわりが軽くなってきたんですよ!」と言いふらしてました。

10週の土日は、知り合いとのカレーパーティー、近所の洋食屋さんで家族でハンバーグを食べました。
今の私にはそんな食べ物、想像するだけでも吐きそうです。

でも、そのときは、ペロリと食べられたのです!
カレーなんておかわりをした記憶があります。

そしてその次の11週、稽留流産と診断されました。

1回目の妊娠は、フルタイム勤務で、土日もずっとイベントなどがあり、気持ちはハイテンションでした。
それが赤ちゃんに影響を及ぼしたとは言えませんが、とにかく「つわり終わった!」と喜んでいました。

流産したことで、食欲も戻って、吐き気も少なくなったようです。

【2回目の妊娠】つわりが軽くなったり重くなったりする11週

では、2回めの妊娠はどうでしょうか。
現在13週ですが、吐き気はずいぶんと軽くなりました。
しかし、まだハンバーグを食べたい気持ちにはなりません。(カレーはOK)

「これは楽になってきたな」と思うと、次の日は気分が悪い。
午前中や日中は大丈夫でも、夜は瀕死状態。
11週からは特に、つわりが軽くなったり、重くなったりを繰り返しているようです。

ですが、つわりが軽くなると不安になります
しかし、夜は吐き気が戻ってきたり、次の日は寝たきりだったりするので、「再来か…」と思っています。

つわりが軽くなったら病院に行くべきか?

つわりがつらい時期は、心配事が多いのにも関わらず妊婦健診は4週間に1度と少ない。
心配な場合は実費で病院に相談すると安心かな、と思います。

私は4週間後の健診を待っているところですが、つわりがあるので「きっと大丈夫」と思っています。
あと、前回の流産した時期が10週前後で、今回はちょうど10週に検診があって「元気です」と言われたことも安心感がありました。

逆に言えば、病院で心拍確認しないと赤ちゃんが生きてるかわからない
精神的につらくなければ、腹をくくって4週間待つのもアリかなと思います。

使ってみたい商品「エンジェルサウンズ」

Twitterなどで人気なのが、自宅で赤ちゃんの心音が聞ける「エンジェルサウンズ」です。
12週から、自宅で使える「胎児超音波心音計」です。
赤ちゃんが心配なときに聞くもよし、検診に行けない旦那さんと一緒に聞くもよし!です。

つわりが軽くなって心配・不安なときは病院へ

つわりの経験を聞くと、本当に人それぞれです。
「ピタッ!」と終わった、という人がいれば、そのままズルズル続く人もいます。
私は1回目の妊娠ではフェードアウトするようにつわりが終わったので、2回目はどうなんだろうと思っていたら、まだまだ続いています。

ただ、「つわりが終わった=流産」と決めて不安な気持ちになるよりは、病院へ行って確認したほうが精神衛生上、絶対いいです。

私もまだまだ続きそうなつわりと、頑張って格闘します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です