ひな人形を片付ける【ラベルと写真をつけて収納】

初節句にひな人形を飾りました。
しかしひな人形は片付けるのが大変!
わが家のひな人形は台に収納するタイプなので、購入したときと同じように入れないと入らなくなってしまいます。
来年もスムーズに出し入れできるように、どのような方法をとったか紹介します。

※業者がひな人形を設置してくれたときに「箱の中身を写真に残しておくと片付けに便利です」と言ってくれたのが役立ちました。
設置時の写真を見ながら、改めて写真を撮りました。

ひな人形全体・収納した状態を撮る

片付ける前にひな人形を飾った状態の写真を撮りました。
次回飾るときの参考に使います。

そして台に収納されている箱の位置を撮りました。
購入したとき設置は業者がしてくれたのですが、入れ方を間違えると入らないようだったので…重要!だと思いました。

▼この入れ方じゃないと入らない

▼おススメのラベルライター「ブラザーピータッチPT-P300BT」

一緒に入れ方のメモも残しました。
「ぼんぼり」の箱だけ正面から入らないので、忘れないように…

ひな人形の小物の箱の内側にラベルを貼る

来年以降、ひな人形の小物を収納するとき、どこに何を入れたらいいか悩みそうだなと思いました。
なので名前のラベルを箱の中に貼りました。

収納した様子の写真と箱に何が入っていたかわかる写真を、箱のフタに貼りました。

ひな人形本体の収納した状態の写真を貼る

小物は入れる場所が決まっていますが、ひな人形本体は箱に重なって入れます。
適当に入れると入らなくなりそうだったので、入れ方の写真を箱の裏に貼りました。

ひな人形のお手入れセットをまとめて入れる

最後にひな人形のお手入れセットを一緒にダンボール箱に入れました。

手袋とウエスは洗って入れました。

ひな人形、来年もよろしくお願いします

ひな人形をしまい終わると「一仕事終えた!」というすがすがしい気持ちになりました。
来年はスムーズに出し入れできますように…!

▼ラベル作りはブラザーのピータッチが便利

スマホで入力でき、デザインもシンプルで価格も手ごろなピータッチPT-P300BTがおすすめです。
長らくキーボード付きをおススメしていましたが、漢字変換がうまくいかないのでストレス!
スマホでパッと変換できるこちらの機種が欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です