【出産後に思う】陣痛・出産入院用グッズに自分へのご褒美をプラス

陣痛、入院グッズは産院から指定されたものを中心にそろえました。
なので5日間の入院は問題なく過ごせました。

▼用意した入院グッズの紹介
陣痛・出産入院用グッズ紹介!~総額1万円かかった~

しかし出産という大仕事を終えたとき。
入院日数が最低限のグッズしか用意しなかったのはうかつでした。
入院生活にも潤いがほしかった!
自分へのご褒美をあげたかった!

あの時の切ない気持ちをふと思い出し、この記事を書きました。

入院中の状況

といっても家族がマメに面会に来れば入院中に足りないものを買い足せるでしょう。
しかしわたしの場合、こんな状況でした。

家族が1度しか面会に来ない

夫は出産した日と退院日のみ病院に来ました。
義両親は産後に1回、5分の滞在。
遠方からの家族も産後に1回、1時間程度いて帰りました。

ほかの入院している人を見ると、家族が毎日通ってくれて「密輸」もしてくれてると知りました。
何回か面会に来てくれる人がいれば、あまり困らないし、さみしい思いもしないのかなと思います。

自分もさみしがりではない方だと思っていましたが…このときは他の人がうらやましく思えました。

病院に売店がない

総合病院だと売店があったりして、ちょっとしたものは買えます。
わたしのいた病院は個人病院で、売店はありませんでした。

でも飲み物と女性用品の自動販売機、コインランドリーはありました。
なので最低限の買い物はできました。でも…ほんとに最低限です。

生きることはできたけど、もうちょっと自分の入院生活を潤わせたかった…
どんなご褒美が欲しかったか、紹介します。

【陣痛・出産入院用グッズにプラス】お菓子


参考:不二家カントリーマアムのサイト

入院3日目くらいに「お菓子、食べたい!」となりました。

入院生活で食べたお菓子は夕食についていた夜食のカップケーキと、栄養指導のときに食べたプリンでした。

もちろんどちらもおいしかった。
でもカントリーマアムとか、アルフォートみたいなお菓子が恋しい。

わたしが持っていたのは「カロリーメイト」だけ。
1本を少しずつ食べましたね…いい思い出です。

ほかの入院してた方が「『まるごとバナナ』食べた」と聞いたときは殺意を覚えました

出産後はつわりの気持ち悪さもスッと抜け、不思議なほどご飯がおいしく感じました。
あのとき甘いお菓子がちょっとでも食べられたら…

【陣痛・出産入院用グッズにプラス】お金


必要以上にお金は持たないほうがいいと病院に言われていました。
真に受けて、行きのタクシー代(結局使わなかった)とコインランドリー代として4000円を財布に。

4000円はギリギリでした。

実際、お金をなにに使ったのか。

ミネラルウォーター500mLを毎日4本、水分補給のため。
コインランドリーを2回。洗濯と乾燥。
支給品で足りなかった清浄綿、使わないと思っていた母乳パッドを自販機で購入。

「水を飲め(1日2リットル)」「支給品が足りない」が想定外。

ギリギリならまあいいか…ですが。
もう少し余裕があったら、たまにジュースを買ったかも。
(食べたい、飲みたい欲が強くなってた)

あのときは退院が近づくにつれ、財布の中身を夜な夜な数えてました。

【陣痛・出産入院用グッズにプラス】季節にあったパジャマ


荷物になるしレンタルでいいやーと雑に考えたのが落とし穴。
レンタルパジャマは夏暑く、ベタベタになる素材でとにかく不快でした。
多分、冬は寒いと思います。

病院によって用意されるパジャマは違うので一概には言えませんが…
わたしは本当になにも考えてなくて。
ただ着られればいいと思っていました。

夏は汗を吸ってくれる素材を。
冬は暖かい素材を。
気持ちが上がるデザインのパジャマを。

出産後のボロボロの体を包んでくれるパジャマくらい、快適なものを選んでおけばよかった、と、今は思います。

せめて予備のTシャツくらいあればよかった。

▼入院中のパジャマの話
マタニティパジャマの失敗談【赤ちゃんと初めて会う服だったのに】

【陣痛・出産入院用グッズにプラス】癒しの音楽


出産後は目を休めろと言われていて、スマホをいじるのは最小限にしました。
とはいえ、テレビを見すぎるのもよくないし、となると、音楽。

張り詰めてた気持ちを少し和ませるために音楽はあってもいいと思います。

残念ながらわたしのスマホには音楽も入れてないし、音楽アプリもなかった。
ひたすら眠るだけでした。

好きな音楽を聞いて、リラックスできたらよかったなーと思いました。

▼最近はAmazon music で人気曲、懐メロ、赤ちゃん向けのわらべうたも聞いてます
Amazon music
Amazon music Unlimitedは、6500万曲以上の音楽を聴き放題の音楽サービスで、Prime会員なら月額750円です。
自宅にAmazon Echoがあれば「アレクサ、〇〇かけて」で聞きたい音楽がすぐ聞けます。
赤ちゃんのお世話で手が離せないときにも便利です。

dヒッツ/初回31日間無料

▼パケット代が心配なときはポケットwifiもオススメ
妊娠・出産の入院にレンタルWiFiがオススメ!選び方を紹介

出産後の自分に小さなご褒美を

入院中は病院指定の持ち物を持っていくことは大切!
でもそれ以外に自分の気持ちが上がるものを持っていくのもいいと思います。
出産という大仕事を終えた自分に、小さなご褒美をあげる準備してはいかがでしょうか。

▼用意した入院グッズの紹介
陣痛・出産入院用グッズ紹介!~総額1万円かかった~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です