実家に帰省(①準備編)【初めてのバス・新幹線・特急】

子供が産まれて初めて実家に帰省しました。
実家には両親と姉夫婦と甥っ子がいます。
姉が気を回してくれて準備などしてくれたので、とにかく実家に無事たどりつくことが私の一番のミッションでした。

路線バス・新幹線3時間・特急1時間

実家にたどりつくまでに路線バス、新幹線、特急を乗り継いで行きます。
毎日「どうしたら無事に行けるだろう…」と悩みました。
とりあえず事前にできることはして、移動する日は身軽に行こう!と決めました。

【事前にしたこと】用意してもらうものを確認

おむつ、シャンプー、保湿クリーム、着替え、バウンサーは姉に用意してもらいました。
そしてバウンサー以外は帰りにもらいました。

※帰りは夫が車で迎えに来ました。

【事前にしたこと】宅急便で荷物を送った

いろいろ用意してもらったので日用品はほとんど送りませんでした
(綿棒浣腸用のワセリンとか自分の化粧品とか送りました。)
そのかわりおみやげを大量購入したので入れました。

送料はヤマト運輸で愛知ー関東、1500円程度

自分で持っていくとなるとスーツケースを使ったかも?
そんなこと絶対無理だったのでヤマト運輸さまさま!です。

宅急便を自宅に取りに来てもらう

はじめ、営業所に宅急便を持っていこうと思いました。
(営業所に持ち込むと100円割引)

しかし送る日(出発前日)は予防接種もあり、気ぜわしい。
自分の車に荷物を入れた瞬間に「やっぱり取りに来てもらおう!」と決めました。

宛名の伝票も事前にネットで入力して印刷。
(クロネコメンバーズ会員だと利用できます)

朝、ネットで引き取りを依頼して午後来てもらいました。
そして翌日には実家に届いていました。

子供がいるといろんなお店をハシゴして回るのが面倒になってしまいました。
なので自宅にいてお店の人にきてもらえるサービスは本当にありがたいです。

クロネコヤマトのHP

【事前にしたこと】新幹線の指定席をスマートEXで取る

最近はネットで新幹線の指定席を取るのも簡単になりました。
しかも交通系IC(Suicaなど)も地域関係なく自由に使える!

前回実家に帰ったときから「最強に便利だ!」と感じたのが「スマートEX」です。

これは新幹線の予約をPCやアプリでできて、その上、交通系ICが新幹線の切符がわりに使えます

これまでは当日JRのみどりの窓口や券売機で指定席を買っていました。
しかしこのサービスが開始されてからは、当日やることがないんです!

交通系ICをピッとかざせばOK!

当日みどりの窓口の混雑を気にすることも、切符の管理をすることも、なし!

もちろん座席も選べます。

スマートEX

新幹線の座席は11号車・通路側を選んだ

新幹線の指定席は11号車の通路側を選びました。
帰省する半月前くらいに予約したところ、11号車はすでに3分の2くらい予約済み。

今回乗る新幹線には授乳などにも使える「多目的室」が11号車寄りにあるため、11号車を選びました。
子供連れが多いらしいとも聞いていたので安心かな、と。

多目的室により近い席は埋まっていたので遠い席を選びました。
(近くても遠くても大差ないと思います。)

窓側か通路側かはちょっと悩みました。

結局、通路側を選びました。
理由は通路側なら赤ちゃんが泣いてもすぐにデッキに出られるから
窓側ならこっそり授乳できるかなと思いましたが、泣いたとき移動しやすいほうを優先しました。
(この選択でよかったです)

準備万端でさあ実家へ!

あとは当日トラブルがないことを祈って、帰省する当日を迎えました。

続きます!

▼実家に帰省、当日編(3/4更新予定)
実家に帰省(②当日編)【初めてのバス・新幹線・特急】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です