【赤ちゃんのお肌ガサガサ!】湿疹で皮膚科を受診した

3ヶ月後半ごろからわが子の肌がガサガサになっていることに気づきました。
5ヶ月に入って皮膚科を受診。薬を塗っています。

はじめは赤ちゃんの太ももがガサガサに

わが子のお風呂上がり、保湿をしていていると太ももがガサガサになっていることに気づきました。

手で触ると、サメ肌というか。
見た目は大きな変化はない。

そのとき「なんか変」と気づきながらも、大ごとに思わずそのままにしてしまいました。

4ヶ月健診で診察をしてもらった時にお医者さんには、
「皮膚が乾燥してるので保湿ちゃんとしてくださいね」
と言われました。

▼4ヶ月健診の話
赤ちゃんの4ヶ月健診

そうか、乾燥しちゃったか!と思い毎日熱心にローションを塗っていました。

しかし1ヶ月経ってもよくならない
むしろガサガサは広がっていきました。

赤ちゃんが痒くてかくわ、粉をふくわ、赤くなるわ

5ヶ月になり「ちょっと変だ」と感じました。

触ってガサガサなだけでなく、子が太ももを掻きむしって傷をつけたり、胸の皮膚も赤くなり、表面は白く粉がふいていました

顔や頭皮もかいて傷が目立ってきました。
(ただ顔に傷がつくのはよくあることだと思ってたので、あまり深刻に思わなかった)

これは皮膚科行った方がいいかな、と近所の皮膚科を調べました。

皮膚科のブログ「湿疹は皮膚を触ってザラザラした状態」

市内のある皮膚科のホームページに院長先生が書いたブログがありました。赤ちゃんの湿疹について書いてあり、

「湿疹は皮膚を触ってザラザラした状態」
「ザラザラは乾燥ではない」
「保湿でごまかしてはいけない」

と書いてありました。

わたしはここで初めて「放っておいてはいけなかった!」とハッとなりました
湿疹って、ジュクジュクしたものと思ってた。

この病院に行こう!と決めました。

当日予約して皮膚科へ

この病院は予約システムがあり、初診でも電話かネットで予約ができます。
といっても早い者勝ちなので、受付時間に予約サイトを開いて入力する方法。
予約開始直後にも関わらず50番でした。

病院に着くと老若男女ひしめきあって待合室は大混雑でした。

先生「これは薬で治ります」

順番がきて、先生に伝えました。

「4ヶ月健診で保湿でいいと言われたけどよくならない」
「先生のブログを見てもしや湿疹?と思って来た」

先生は赤ちゃんの肌を触って、

「これは湿疹。薬でちゃんとよくなるからね」
「4ヶ月検診の先生は白衣を着た医者としてあるまじき発言」
「こういうことがあるから僕はブログに赤ちゃんの湿疹のことを書いた」

と言いました。

先生に診察してもらい「大丈夫」と言われるとわたしも安心しました。

塗り薬を4種類処方される

診察が終わり、看護師さんから薬の話がありました。
朝と夜の2回、塗った表面がテカるくらい(薄すぎず)塗る、とのことでした。

頭用の薬:リドメックスコーワローション
よく振ってから頭皮に塗る。

 

顔用の薬:ロコイド軟膏
顔に塗る薬です。

 

体用の薬:リドメックスコーワ軟膏
からだに塗る薬です。

 

よくなってきたら塗る薬:プロペト
治ってきたらこれを塗るように、とのことでした。

お風呂では石けんやガーゼの使用は控えて、と。
優しく教えてくれて、なんだかわたしもホッとしてきました。

そこで看護師さんに「この湿疹に原因はあるんですか?」と聞いてみました。
すると「湿疹に原因はありません。」とのこと。

そうなのか、と、さらに安心しました。

あと恥ずかしい話、先生や看護師さんに怒られるんじゃないかと不安でした。
「こんなに悪くなるまでほっといて!」
「生活習慣が悪いんですよ!」
ということを言われるんじゃないかと。

全然そんなこと言われなかった。
本当に行ってよかったです。

湿疹はアレルギーを引き起こす原因になる

赤ちゃんの湿疹は保湿では治らないことがよくわかりました。
そして湿疹は放置してはいけなくて、湿疹の皮膚からアレルゲンが侵入、アレルギーを引き起こす原因になるとのこと。

「病院に行くほどのものか?」と思わず、しっかり治さなければならない。
処方された薬でしっかり治ってくれることを祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です