【本の紹介】産婦人科医ママと小児科医ママのらくちん授乳BOOK

産後3ヶ月のときにこの本を知って読みました。
感想は「そういうことだったのか~!」の連続でした。

産後、授乳についてしっかり教えてもらう場はなかった

わたしは市内の古くからある産婦人科でお産をしました。
妊婦健診と母親教室でおっぱいマッサージを教えてもらい、産後に備えましたが、大した成果は得られず。

だって、やる意味がわからなかった。
ただ「おっぱいがよく出るようになるのでやってください」と言われたって。

おっぱいって、赤ちゃんが生まれたら自然に出るようになるのでは?
マッサージしたからって、そんなに変わるの?


赤ちゃんを生んだ直後、初乳を赤ちゃんにあげるときになって「マッサージしなかったでしょ?」と怒られました。

その後、入院中に授乳に関する指導はありましたが、イマイチピンとこない。
言われるがまま授乳して退院の日を迎えました。

1ヶ月健診まで言われたとおりにおっぱいをあげミルクをあげました。
そして1ヶ月健診では1日の授乳回数を聞かれただけで終わり。もうおっぱいに関する指導はないようでした。

え、これからどうしたら?

1ヶ月健診では赤ちゃんの成長も確認できました。なのでおっぱいに関する指導はなかったのだと思います。

しかしそのときは混合。ミルクの増やし方がわかりません。
おっぱいも初めよりは出始めたけど、ミルクは続けていいの?
「??」だらけでした。

そして乳腺炎。
おっぱいに関するトラブルなんて聞いてない!おっぱいが固くて痛いけど、赤ちゃんに吸わせていいの?どうしたら?

おっぱいやミルクをあげることの基礎知識、トラブルを知らないまま始まった育児。わたしは大混乱しました。
(結局、母乳外来のある助産院で母乳オンリーでいけること、乳腺炎の対応もしてもらえて今に至ります。)

授乳の基礎知識が満載の本

授乳、おっぱいに関する知識はありませんでしたが、なんとか実践でわかってきた産後3ヶ月。この本に出会いました。
これまでのトラブルや悩みは「こういうことだったのかーーー!」と合点がいきました。

授乳がつらいときその理由の分析、おいしい母乳を作る食事(結論:ない)、母乳が足りてないかも・多いときの対応、母乳はいつまであげていいのか(結論:子供がいらない」という日まで)、などなど。

おっぱいの悩みはもちろん、混合、ミルクに関しても書いてあります。

そしてもっと早くこの本を出会えてたら良かったと思う反面、妊娠中に出会ってもよくわからないor病院の不親切さに反感を持ったかもしれません。
この本を元に病院から指導を受けたかった、という感じです。

おっぱい右翼・おっぱい左翼、この本は中立

この本の中で母乳に関する両極端な意見を「おっぱい右翼(母乳至上主義)」「おっぱい左翼(母乳にこだわる必要はない、合理主義)」と名付けています。

この本は中立的な立場で説明されていて、安心して読めます。
スピリチュアルでもありません。

授乳の心強い確かな参考書

おっぱい、ミルクの悩みが解決するヒントがたくさんあるので、悶々と悩んだときは読んでみるといいかもしれません。
解決の糸口が見えたり、「みんなそうなんだな」と安心したりできます。

今、おっぱいの悩みがある方も、過去に悩んだ方にも、ぜひオススメです。


※Amazon kindle版は読み放題(kindle Unlimited)プランに入れば無料で読めます。

Kindle Unlimited 無料体験の新規登録

(おまけ)産後の養生は3週間

おっぱいからちょっとそれますが、この本のコラムに「出産後は少なくとも3週間は歩いたり重いものは持ったりせず、できるだけ横になって過ごしたほうがいいでしょう」とあります。
その理由も「妊娠出産で骨盤が開き、骨盤底筋群が傷つき伸びる。無理すると膣のゆるみ、尿もれの原因になる。できるだけ横になって過ごせば少しずつ元に戻る」とのこと。

産後は安静にしなければならないと言われていますが、なぜかはちゃんと聞いたことがありませんでした。

家族に「なんで寝てないといけないの?」と聞かれたときの証拠になりそうだな~と思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です