【0歳赤ちゃんオススメおもちゃ】オーボールは早めに買ってもムダじゃない!

オーボールは赤ちゃんが生まれてすぐの段階で出会うおもちゃといえるでしょう。
街を歩くベビーカーにも必ずと言っていいほどついている「ザ・定番おもちゃ」オーボール!
アマゾンのおもちゃ人気ランキングの上位を占めています。
そんな人気のオーボールの種類や遊び方を紹介します。

オーボールとはどんなおもちゃ?ラトル社の知育玩具

オーボールは、幼児が初めてさわるスポーツボールです!

弾みます。水の中でも遊べます。
サッカーボールのように蹴ったり
キャッチボールしたり
つなぎ目がなく安全。
弾力性があり、握ってもすぐ元に戻る楽しさ!

ラングスジャパンHPより

オーボールは「スポーツボール」という位置付けで、外でも家の中でも、水の中でも遊べる!汎用性の高いおもちゃです。

オーボールの種類は?

オーボールの種類は意外と豊富です。

定番の球状「ベーシック」「ラトル」だけでなく、カシャカシャ鳴る「シェイカー」車の形をした「ラトル&ロール」など、なんと15種類以上

ラングスジャパン公式HP オーボール より

我が家では「オーボール ベーシック」に「オーボール オーリンク」をつけて使っています。

オーボール1番人気は「オーボール ラトル」


アマゾン 販売ページより)

オーボールの穴の一部にビーズが入った「オーボール ラトル」が一番人気です。

▼アマゾンのベビー用ボール売り上げランキング

ラトルとはマラカスのような振って音を出す楽器のことです。

赤ちゃんは月齢が小さいうちから「カラカラ」音が大好き!
あやすのにもってこい!

自分で持てるようになってからもカラカラ振って遊べます。

(わが家のはベーシックなので鳴りません…ちょっと後悔…)

ちなみにビーズの入っているラトル部分は「本体と熱で接合されていて、接着剤を使っていないので口に入れても安心アマゾン 販売ページより)」とのことです。

オーボールは消毒したほうがいい?実は中性洗剤でOK!

赤ちゃんが触ってペロペロなめるので「消毒したほうがいい?」と心配になりますね。

オーボールのお手入れでNGなのが「煮沸消毒」「次亜塩素酸を含む哺乳瓶消毒剤」です。
基本は中性洗剤で洗うか、抗菌ウエットティッシュで拭くことをオススメしています。(アマゾン 販売ページより)

実際に赤ちゃんと遊んでみた!(月齢3ヶ月)

赤ちゃんと遊ぶのは結構頭を使います。
音の出るおもちゃを鳴らしたり、絵本を読んだり。

しかし夕方になると頭が働かなくて、やる気が出ない。
そんなときに黄昏泣き。

育児が嫌になる瞬間です。

私もしんどいなーと思ってたとき、ボーッとしながらでもできる楽しい遊びを思いつきました。

オーボールで釣り遊びです。

用意するもの【月齢3ヶ月赤ちゃんと遊ぶ】

・オーボール

・オーリンク

オーボール

柔らかくつかみやすい球体は、月齢が低くても遊べます。
わが子は3ヶ月半くらいでつかんで、口に持っていきなめるようになりました。

今回は釣りのルアーのような役割です。

うちのは「ベーシック」という最も基本的なモデルです(カラカラ鳴りません)。

▼カラカラなるのはこちら

オーリンク

オーリンクは別売りのオーボール用のストラップです。
ベビーカーやバウンサーにも取り付けられる形で、そのままつけておけばオーボールの転がり防止にもなります。今回は釣竿の役割です。

いろいろ使えて便利!

オーリンク単体でもわが子は手にとったりなめたり。
わが子はすっかりオーボール&オーリンクに夢中です。

この2つを使って赤ちゃんと遊びます!

オーボールとオーリンクのつなげ方

オーボールとオーリンクはつなげて使います。

オーリンクの一番端っこ、切れ目のある大きなパーツにオーボールを取り付けます。
オーリンクは若干かたさがあるものの、大人の力ならこじ開けることができます

オーボールとオーリンクをつなげるとこんな感じです。

これで完成!【オーボールで釣りごっこ】

準備はこれでOK!
これだけ?って感じですが…早速遊びましょう!
オーリンクの適度な柔軟性がポイントになります。

さっそく遊ぼう!【オーボールで釣りごっこ】

赤ちゃんの目の前でオーリンクの端っこを持ち、オーボールを揺らします。

するとオーボールを目で追います!

それだけでも楽しいですが、
オーボールを手に触れさせてみます。

するとオーボールをつかみます!

そのまま上に引っ張ってみたり、
赤ちゃんの手の動きに委ねてみたり、口まで持っていったら…「釣れた!」

なんだか楽しい\(^o^)/わたしが\(^o^)/

そうやってなんとなく時間は過ぎていきます…

オーボールの楽しさは無限大!

3か月までに買ったおもちゃの中で、一番反応がよかったのがオーボールでした。
遊ばせてるこちらも楽しかったのが紹介したオーボール釣り遊びです。

もう少し大きくなると、ボールをつかんで放ったり、もちろん変わらずなめなめします。
1つのおもちゃで長く、いろいろな遊び方ができるオーボール。

ぜひ赤ちゃんと遊ぶのに使ってみてください(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です