乳腺炎・授乳中の強い味方!牛蒡子(ごぼうし)の煎じ方

乳腺炎で助産院にお世話になったとき、牛蒡子をオススメされました。
残念ながら苦くておいしいものではありません。

ですがこれがないと
「またおっぱいが詰まってしまうのでは?」
と不安になってしまいます。

牛蒡子とはどんなものか、味、煎じ方を紹介します。

牛蒡子は「ゴボウの種」

牛蒡子は野菜のゴボウの種です。

●成分・分量
[薬用部分] キク科ゴボウの果実。
[性味] 味は辛苦く、性は寒。
[主成分] リグナン誘導体アクチゲニン、アクチイン、マライレジノール、ラッパオールなどを含有。

Amazon牛蒡子商品ページ

牛蒡子の注意と効用

以下のような注意と効能・効果があります。

●使用上の注意
下痢、虚寒の水痘、気血両虚などには禁忌です。

●効能・効果
(1)乳腺炎や皮膚の化膿症。
(2)風邪による咽喉の腫脹疼痛(咽喉炎、上気道炎など)。
(3)風邪の症状に伴う便秘。
(4)風邪による咳で、痰の喀出が十分できないとき。

Amazon牛蒡子商品ページ

牛蒡子の煎じ方

Amazonの商品ページには以下のように説明があります。

●用法・用量
1日分10~~25gの牛蒡子を土瓶又は小鍋に入れ、600CCの水を加えます。
弱火またはとろ火にかけ、水量が半分の300CCになるまで30~~40分程煮詰めます。
最後に。茶こしで牛蒡子を取り除き、煎じた液を1日3回に分けて(100CCずつ)
食前の30分~~1時間前などの空腹時に服用してください。
残った煎じ液は、冷蔵庫に入れて保存する事をお奨めします。
お茶代わりに飲んでも良いですが、苦くておいしくはありません。
作りおきはできないので、なるべく、その日飲む分だけを毎日煎じてください。
どうしても苦くて飲めないという方はフライパンで炒ったり、ハチミツを入れる方法もあります。
又は、ミル(粉砕機)で粉末にしてオブラートに包んで飲む方法もありますが、煎じ液を服用するのが最も効果的です。
Amazon牛蒡子商品ページ

わたしは助産院からの説明を元に、以下のように煎じています。

①牛蒡子・大さじ1杯を鍋に入れる

袋から牛蒡子を大さじ1杯すくって、鍋に入れます。

またはお茶っ葉ポンに牛蒡子大さじ1杯を入れます。

※ちなみにこんな感じで保存袋に入れてます。

②水を600cc入れる

鍋に水600ccを入れます。(これは鍋にそのまま牛蒡子を入れた様子)

③鍋を弱火にかけ、30分煮詰める(300ccになるまで)

鍋の種類によって時間は変わりますが、わが家は30分です。
コンロにタイマーがついているので30分にセット!

④煎じた牛蒡子を注ぐ

タイマーが切れたらポットに煎じた牛蒡子を注ぎます。

▼鍋にそのまま牛蒡子をいれて煎じた場合

▼鍋にお茶っ葉ポン入り牛蒡子で煎じた場合

▼ポットでも適当な容器でも。300ml程度入る容器を使う。

⑤粗熱がとれたら冷蔵庫に入れる

冷蔵庫で保管します。

注意
  • 冷やしたほうが飲みやすい
  • 冷蔵庫で保管しないと腐る

煎じた牛蒡子は食前に100cc飲む【苦い!】

煎じた牛蒡子はとにかく苦いです。
生クリームのような風味も感じますが、おいしいものではありません
泥のような香りもします。

休憩にちょっとずつ飲むものではありません。

食前に100ccをグッと飲んでください!

飲んでいるうちに慣れてきます!

牛蒡子の効果は絶大!

効用には個人差があると思いますが、わたしは牛蒡子を飲んでからおっぱいが張るようになりました。
おっぱいの詰まりも軽く、詰まっても少しすると詰まりがとれるようになったようです。

全く詰まらない、ということはありませんが、毎日飲むだけで安心
たまに忘れてしまいますが…

おっぱいがよく詰まる方、詰まりが心配な方に牛蒡子は超オススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です