赤ちゃんの便秘解消奮闘記②対策いろいろ

赤ちゃんの便秘に悩んできました。
残念ながらどれが効くか?と聞かれても「うーん」という感じです。
綿棒浣腸は物理的な方法なので確実といえます。

かなりいろんな方からアドバイスはもらったので、やってみたものを紹介します。

▼赤ちゃんの便秘に悩んだ話
赤ちゃんの便秘解消奮闘記①

綿棒浣腸

綿棒浣腸は1番即効性があり、確実に効いたといえます。
とはいっても泣くのであまりやりたくありませんが。

初めに産婦人科で聞いた方法やネットでは「綿棒の綿の部分(1cmくらい)を入れて動かす」という感じでした。
肛門の入口の筋肉を刺激する感じです。

その後小児科では「綿棒を3cmくらい入れて動かす」と言われました。
肛門の筋肉を刺激しても意味がない、その奥を刺激しないと!と言われました。
綿棒を動かすと空洞を感じるくらいまで入れろ、とも。

結局、小児科の方法で成功したので、勇気を出して3cmくらいまで入れています。
ただ綿棒がどのくらい入ったかよくわからないので、ペンで3cmの位置に印をつけてやっています。

▼綿棒浣腸、わが家のやり方
赤ちゃんの便秘解消奮闘記③綿棒浣腸・我が家のやり方

おなかのマッサージ

おなかにのの字をかく、脇腹を刺激する、自転車こぎ、両足を上げ下げ。
いろいろ試してみましたが、即効性はなかったです。

でも自転車こぎや両足上げ下げするとおならはよく出るかな~と思いました。
おなかが刺激されるんですね。

ベビーマッサージ教室

ネットなどで紹介されているおなかのマッサージとは別に、家の近くでやっていたベビーマッサージ教室に行ってみました。
足とおなかのマッサージを教えてもらったところ、次の日に出たので「もしや効果が?」と感じてしまいました。

マッサージの方法を直接教えてもらったのもいいですが、赤ちゃんの便秘に悩んでいる方の話も聞けたのは収穫でした。

お母さんがオールブラン、さつまいもを食べる

便秘はお母さんの母乳が原因かも、という考え方もあるようです。
お母さんの体質が変わると赤ちゃんの体質も変わるって本当かな?とちょっと半信半疑ですが。
わたしが若干便秘気味なので、言われたときはドキッとしました。)

おやつにオールブランを食べるといいよ、と。
ポリポリ食べるといいよ、と。

ヘルシーだし、いいかな~と思って食べてみています。

砂糖水を赤ちゃんにあげる

砂糖水をあげるといいと助産師さんに言われてやってみました。
5%の砂糖水60mlを作ってあげてみましたが、このときは2日後に出ました。
効いたのかな?でも1回しかやっていないし、母乳を飲む量が減るしな~と思ってこれからもやらないと思います。

マルツエキスをあげる

小児科ではマルツエキスを処方してもらいました。
麦芽糖のゆるやかな発酵作用で腸の運動を活発に。

高田製薬 マルツエキス

おならは出たけれど、あげてる期間に自然にうんちが出なかったので今回の便秘には効果がなかったかもしれません。

▼和光堂のマルツエキスはAmazonで買えます

1日に1回大泣きさせて腹筋をつける

即効性がない、長い目で見るタイプの便秘解消方法です。
助産師さんいわく「大泣きすることで腹筋がつく」と。

特に女の子は腹筋が弱いので便秘になりやすい
赤ちゃんのときから腹筋をつけるには泣かせる、と。

これも即効性はないので、長い目でみれば効果があるのかもしれませんね。

病院に行ってみるのもオススメ

結局、なにが一番効くかといったら綿棒浣腸になってしまいます。
ほかのものは効かなかったというより、「判断できない」という感じです。
その子の体質・体調、母乳の状態、季節など、条件がバラバラすぎて「これ!」とは言えないなと思っています。

何日も出ない日が続くと子供の便秘のことばかり考えてしまいます。
ネットで1日中赤ちゃんの便秘のことを調べることもありました。
結局、病院で「3日に1回綿棒浣腸してください」と言われたときが1番ホッとしました。

いろんな方法はあって試してみて、便秘解消しない、1日中考え込むのであれば病院に行くのが1番いいと思いました。
先生によって解決方法は違うと思うけれど、うんちするのを待ち続けるのもつらい。
試してみてダメだったら相談するのがオススメです。

▼赤ちゃんの便秘に悩んだ話
赤ちゃんの便秘解消奮闘記①
赤ちゃんの便秘解消奮闘記③綿棒浣腸・我が家のやり方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です