赤ちゃんの便秘解消奮闘記①10日便秘で病院へ(マルツエキス処方)

娘の排便は1.5日に1回タイプ?

産後の入院中、娘の排便が少ないことを指摘されました。
胎便はしっかり出たのですが、その後排便がない日が1日。
看護師さんいわく「1.5日に1回タイプなのかもね」とのこと。
そして綿棒浣腸でうんちを出し、退院の日を迎えました。

1.5日どころじゃない!5日出ないので病院へ

退院後1週間は毎日順調に出ていました。
しかし2週間後から3日に1回、5日に1回、1週間に1回と間隔が伸びてきました。

5日に1回になったとき(生後3週)、お世話になった産婦人科に相談しました。
(自宅で綿棒浣腸も試しましたが、わたしはうまくできず……)
病院でも綿棒浣腸で出してもらい、先生は「機嫌が悪くない、苦しい感じでなければ様子見で」と言いました。

その後1ヶ月健診で相談すると「3日に1回くらい出たほうがいいですね」と。
結局は綿棒浣腸するしかないのか~、と、不安な気持ちになりました。
1ヶ月健診のときは便秘期間更新中で、便秘7日目でした。

ついに!10日出ないので小児科に相談

産婦人科は1ヶ月健診までお世話になり、その後は小児科に相談するように言われました。

「まさか便秘で小児科に行くことがあるのかな

そう思っていました。
……それが病院に行くことになったのです!便秘が心配で!

初回10日出なかった日は「この日でなかったら病院に行こう」と思っていた前日に出ました。
2回めは待てど暮らせど出る気配はありませんでした。

意を決して小児科に予約、生後2ヶ月と4日でした。

初めて行く病院でドキドキしました。
小児科のみの病院で子供向けの明るい雰囲気です。
子供が小さいので授乳室で待たせてもらいました。

順番が来ると体重測定、そして綿棒浣腸。
わたしがうまく綿棒浣腸できないことを話すと「見ますか?」と。

産婦人科でも綿棒浣腸しているのを3回見させてもらっていましたが、ここでも見せてもらいました。

すると産婦人科で見たときよりも深く長い時間、刺して動かしていました。
肛門の筋肉よりも奥に入れないと刺激にならない」とのこと。
これまでは綿棒の先だけ入れると言われていたので驚きました。

このときはちょっとしか出ませんでした。
でも10日ぶりのうんちに感動!

そのあとは先生が聴診器で胸やおなかを確認し、マルツエキスを処方してもらい終了でした。

マルツエキスの効果は「?」

マルツエキスはおなかの中で食べたものの発酵を促し、ガスと共にうんちを出す効果があります。
はちみつみたいな色と粘度です。

マルツエキスをお湯に溶かして哺乳瓶で、朝昼晩の1週間あげました。
(最初は「いなば ちゅーる」みたいに舐めさせるのかと勘違いしていました。)

しかし効果は「?」でした。

病院に行ってから2日め、うんちは出ないので綿棒浣腸をやってみました。
小児科の深く入れる綿棒浣腸をやってみると、初めてしっかり出てきました。

なんとなく綿棒浣腸のコツがつかめて、その3日後にも成功
しかし綿棒浣腸をやっているということは……マルツエキスとはなんだったのか

1週間後、再度小児科へ

1週間後、先生に排便状況を伝えました。

<先生からの言葉>
マルツエキスはやめましょう
3日出なかったら綿棒浣腸してあげてください

自然に出ることを待ちつつ、ダメだったら綿棒浣腸をするという結果に落ち着きました。

その後、3日に1回出ている

生後2ヶ月半の現在、空気を読んでいるかのごとく3日に1回うんちが出ています。

ある日「3日経ったな、綿棒浣腸やらなきゃな」と憂鬱な気持ちでオムツを開くと、なんと!しっかり出ている
このときは嬉しさと少し困惑で胸がいっぱいになりました。

でもしっかり出るのが一番嬉しいです。
これからも娘のうんちを見守っていきます!

▼赤ちゃんの便秘解消のためにやったこと
赤ちゃんの便秘解消奮闘記②
赤ちゃんの便秘解消奮闘記③綿棒浣腸・我が家のやり方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です