【11週でわかった】稽留流産とは?時期や原因と自覚症状

心拍確認後、11週の健診の日に稽留流産がわかりました。
稽留流産とはどのようなものか、そして、私の体験談を紹介します。

流産とは妊娠22週未満で妊娠が終了してしまうこと

流産は妊娠22週未満で妊娠が終了してしまうことです。
特に12週未満の場合は「早期流産」、それ以降は「後期流産」と分けられます。

※稽留流産は「繋留流産」と変換しがちですが、「稽留」が正しいです。

妊娠してから流産する確率は、妊娠全体の10~15%。そのほとんどは「早期流産」です。

稽留流産とは?読み方は「けいりゅうりゅうざん」

稽留流産は、「けいりゅうりゅうざん」と読みます。
実は「流産」といっても、状況により大きく4種類に分類されます。
進行流産、稽留流産、不全流産、完全流産です。

<初めてのたまごクラブ 2016夏号 P.194 より>

稽留流産は特に自覚症状がなく、私のように健診で知って「えっ」となるかたも多いと思います。

◆稽留流産
自覚症状はないけれども、子宮内で赤ちゃんが死亡してしまっているか、赤ちゃんはできておらず胎嚢だけがそのままとどまっている状態。

また、「化学流産」は受精卵が着床したころの早い段階で流産してしまうことで、月経と区別できないことがほとんど、と言われています。
(そのため、この流産の分類には入らない、ということかもしれません。)

 

流産(稽留流産)の原因・自覚症状は?出血はあるの?

流産の9割を占める、早期流産のほとんどは、胎児側に問題がある、と言われています。
受精卵の異常による自然淘汰、精子や卵子の異常で育つことができない、など。
「運命」と受け止めるしかありません…!

それでも、「仕事をがんばりすぎたから」「薬を飲んでしまったから」と自分を責めたくなりますよね。
簡単には気持ちは切り替えられませんが、わたしの場合は時間が解決したと思います。

進行流産、不全流産、完全流産の場合は出血があります。
稽留流産の場合は、出血も腹痛もありません。

※ここまでの参考文献<初めてのたまごクラブ 2016夏号>

10週では心拍確認できたのに12週で止まる!稽留流産のつらさ

2週間前(10週)に受けた健診では、元気な心拍が確認できたはずの赤ちゃん。
それがなぜか12週には止まってしまった。

あんなにショックと同時に不思議な気持ちになったのは、生まれて初めてでした。
多分、他の稽留流産の経験者のかたも、頭が「?」でいっぱいになったと思います。
「夢か?」とも思いました。

その後妊娠したとき、10週を過ぎても12週を過ぎても「また心拍が止まるんじゃないか」と心配しかありませんでした。

そんなわたしの、稽留流産と診断された悲しくも思い出深い日々を下の記事に紹介します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です