【やめたこと】産後サポートを2回でやめた

市の産後サポートに登録をした

妊娠中に市の産後サポートを申請しました。
これは親が高齢などの理由で家族からサポートがない人のための制度です。
金額は1時間500円と安く、途中でやめてもいいとのことで気楽な気持ちでお願いしました。

結局2回来てもらってやめた

この制度とサポートしてくれた人に問題はありませんでした。
1回事前に顔合わせもあり、お母さんのような存在で、育児以外はなんでもやってくれるとのことでした。

ですが、大きく2つの理由で途中でやめることにしました。

産後2週間で少し家事ができるくらい回復した

産後5日は病院に入院、その後1週間程度は夫がお盆休みのために在宅していました。
そのため契約は産後2週間後。
ですがだいたい2週間で体の調子が戻りつつありました。

逆にいえばこの産後2週間がピークにつらかった時期です。
産後は股が痛く、歩くのも座るのもままならない状態。
買い物もできないし、家事もしんどい。
入院生活と夫がいたおかげでなんとか乗り切れました。

また夫の休み明けの日から来てもらう予定が、サポーターさんの都合で来られなくなり、2日間はワンオペで家事育児しました。
そのため「あ、なんか自分でもできるかも」という気持ちに。

その後サポーターさんには来てもらえましたが、自分でもできるかも、とウズウズしてしまいました。

細かく家事の内容を伝えるのが面倒だった

特に料理をお願いするのが面倒に感じました。
事前にメニューを決めて、材料を用意して、作ってもらうことの難しさ。
野菜の切り方も1つひとつ確認して、味見して。

わたしが料理のレパートリーがないのもあれだし、「ピーマンにしょうゆをかけて鰹節かけて炒めた料理」などの適当に作る料理を説明するのも面倒だし。

冷蔵庫のもので適当に作って、とお願いできない点が面倒でした。
掃除も道具の場所を伝えたり、どこまで掃除するか指定するなども。

来てもらうことが負担になってしまいそうでした。
自分の体調もわりとよくなってきたこともあり、2回来てもらってやめることにしました。
体調が悪かったら、もうちょっと続けてたと思います。

それにわたしは誰かにお願いするのとか説明するのが苦手なので、ガンガン頼める人、甘えられる人にはオススメです。

でも人に作ってもらう料理はおいしい

自分でやれる、頼むのがめんどうだ、と言いながらも、人に作ってもらう料理はおいしかったです。
夫が1週間食事の準備をしてくれましたが、味が濃いめなことと、最後はお惣菜やお弁当が多くなってきて、ちょっとうんざりしてしまいました。

サポーターさんは主婦で「おふくろの味」で作ってくれるので感動しました。

料理した後の片付けも丁寧にしてくれる

ガスコンロからシンクまできれいに拭いて、生ゴミもまとめてくれました。
夫はなかなかここまでしないので(自分も)これも感動しました。

今は夫と子供3人暮らしなのでワンオペでもなんとかなりましたが、2人目3人目を考えたとき、この制度は威力を発揮するかもしれません。

次の子供ができたらまた利用しようと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です