前駆陣痛で病院へ!前日におしるしも(39w4d)

本陣痛が39w5dにあり、めでたく出産に至りました。
その前々日の39w3dにおしるしと前駆陣痛、39w4dに病院に行きました。
残念ながらこの日は帰宅しましたが…
前駆陣痛でも病院に電話・相談できたので安心できました。(同時にガッカリもしましたが)

突然のおしるし(39w3d 17:00)

自宅にいてダイニングテーブルに向かって歩いてたところ、生理みたいな「タラッ」とした感覚がありました。
「尿もれだろう」と思いつつも、その場でパンツを見たら赤黒い血が。
(ナプキンを着けていたのにズレてて1滴、床に垂れてました)

「こ、こ、これがおしるし!」

興奮して出産へのカウントダウンを強く感じました。

なんとなく腹痛が始まる(39w3d 19:00)

そわそわした気持ちでコンビニで買った夕食を食べていると、なんとなく腹痛を感じました。
動くと張るような、おなかと背中からお尻にかけてがしびれるような痛み。

「こ、こ、これは、もしや陣痛!」

ドキドキしながら、陣痛計測アプリを使ってみました。
ソファーにゴロッと横になり、ミュージックステーションを見ながら計測。
(この日は田中圭がMステに出るので絶対に見逃せなかった)

あとで考えれば、テレビ見られる余裕があったんだなーと。
本陣痛のときは痛みで何も考えられなかったです。

このときから陣痛計測アプリを使っていました。
陣痛の間隔は10分前後、ときどき10分以上空くこともありました。持続時間は1分くらい。

痛みはじわじわやってくる。
下腹部が凍るような固まるような間隔から始まって、腰回りの骨格を揺さぶる、締め付けるような痛み。
孫悟空の頭の飾りみたいに締め付けられる。
終わると何事もなかったかのようになる。

その時の痛みのメモです。
出産後、不思議と陣痛の痛みがどんなものか思い出せなくなってしまいました。
このメモを見て「確かにこんな痛みだったような」と、うっすら思い出せるような。
締め付けられる感覚は子宮の収縮ということだったのでしょうか。

病院に電話 (39w4d 2:00)

病院からは「陣痛が7~10分以内の間隔で1~2時間ある時に電話して」、と言われていました。
10分以上のときもあるので悩みましたが、一旦連絡しました。

すると「もう少し様子を見ましょう」と。

わたしとしては「もう産まれるんじゃないか」という気持ちだったので拍子抜けでした。
でも病院から言われたらしかたない、様子をみました。

病院から電話 (39w4d 7:00)

「その後どうですか?」と連絡がありました。
状況はあまり変わらず、5~10分以上空くこともあり、病院への連絡を悩んでいました。
そのことを伝えると「8:30にまた連絡ください」とのこと。
様子見をするか、1度診察をするかジャッジすることになりました。

病院に電話 (39w4d 8:30)

結局、状況はあまり変わらない…
電話をしたところ「一応、先生に診てもらいましょうか」ということで予約を入れました。
この日は土曜日、次の日は日曜日で外来がありません、
「診てもらったほうが安心ですね」というスタッフさんの言葉もあり、受診となりました。

病院で診察 (39w4d 9:00)→ 帰宅

念のため入院セットを持って病院に行きました。

内診してもらったところ「まだ子宮口は開いていませんね~」と言われてズコーーーー!
この痛みは前駆陣痛だったようです。

念のためNSTもしましょうということで、初めてのNST。
結果も入院に至るものにはならなかったようで、「前駆陣痛で何回も来る人いるわよ」と言われました。
(ちょっと恥ずかしい)

車で送ってくれた夫には「違ったの??」と散々言われました。

焼肉を食べて自宅へ戻る

ジンクスを信じるわけではないけれど、お昼に高級焼肉屋さんのランチに行くことになりました。
これまで行ってみたかったお店で、ディナーは高いけどランチは1000円前後で食べられると評判のお店です。

このあたりから痛みがちょっと強くなってきたような気がしました。
痛いときは立っていられない。一呼吸置きたい。柱などにつかまりたい。
といっても前駆陣痛に毛が生えたようなものだったので、それほど深刻に思っていませんでした。

本番は突然、この日の夜に来ました。

▼ついに出産した日の話
ついに出産!女の子誕生(39w5d)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です